加茂競馬(くらべうま)

昨日、5月5日

上賀茂神社(加茂別雷神社)の

加茂競馬に行ってきました

 

 

3年ぶりに開催されるこの日

とてもいいお天気でよかったです

 

午前中に神事があり

午後に実際に馬が走る

「競馳(きょうち)」があります

 

まずはコースが安全かを点検

今は地元の子どもたちが役を引き受けてくれてるそう

 

そして乗尻(騎手)の登場

馬は北側(ゴール側)から登場し

ジグザクに歩きながら

南側のスタート側へと向かいます

 

さらに走る前に

コースになれるための行事が続きます

実際に走る前に延々と

行事が続くんです

 

さて馬が駆け出しました

すごい迫力です!

 

目の前を通り過ぎたのですが

全速力で走ってるので

一瞬でした~

 

この競馬自体も

神様に捧げる神事

 

天下太平や五穀豊穣を

祈願するものです

 

そしてなんと

古式競馬はずいぶんと歴史が古く

上賀茂神社で行われるようになってからでも

929年経つそう

 

徒然草にも登場してるし

織田信長も観覧したそう

ほかにも有名な歴史人物が

観覧したことが

いろいろな文献に載ってるそうです

 

今回、袷は暑いかなぁと思いつつ

どうしても着たくて

葵祭の着物で参加しました

 

そしてこのコースを仕切っている柵

埒(らち)っていうんですって

竹を半分に割って

その間に青柴が入れてあります

 

万が一、馬が埒にぶつかっても

竹がしなることで

馬が怪我しないように!

よく考えてありますね

 

ちなみに

「埒(らち)が明かない」という言葉

この埒とはこの柵のことを指してます

 

加茂競馬が終わり

この埒(=柵)を撤去して場所を空けないと

続く5月15日の神事

葵祭が行えない

つまり物事が進展しない

という意味だそうです~

 

競馬は1時間余りかかりますが

その間、進行役の方が

いろいろな解説をしてくださり

とても興味深く、

心から楽しめました♪

 

来年は930年目

一緒にいかがですか?

 

 

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

嵐山・福田美術館へ

次の記事

大島紬見分け方講座へ