大島紬見分け方講座へ

今日は佐藤チアキ先生の

見分け方講座・大島紬編

参加してきました音譜

 

以前、上布編に参加して

とても興味深く、勉強になったので

是非ほかの講座へも と

思ってたんですよ~おねがい

 

上布編の時のレポートはこちらから

 

さて、今回は

大島紬編

 

実はこれまでにも

他所の大島紬のお話し会に参加したり

大島紬展へ行って制作の様子を

パネルを見ながら説明を受けたり

 

割と知識は持ってるから

今回参加しても講座内容は

知ってることがほとんどかも口笛

な~んて思ってたんですよ!

 

でもでもそこは

さすがチアキ先生!

 

深~く掘り下げた内容や

そんなことも?というマニアックな内容を

次々と解説していかれるので

ついていくのも必死です爆  笑

 

レジュメを見ながら目

チアキ先生の解説を聞き耳

着物を触り感触を確かめるパー

 

そしてその上で

ルーペを使って絣を確認

 

「大島紬」と言っても

 

織り方が違ったり

密度が違ったり

絣の成り立ち

染料… 等々

 

何よりすごいなと思うこと

そして何より嬉しいことは

 

20枚以上の着物を

持って来て

それぞれの違いを実際に

体感させてもらえることなんですラブ

 

だって着物屋さんや

展示会に行ってもきっと

一度にこれほどまでの

多くの種類を見られ無いと思うし

好きに触ったりはできないですよあせる

 

チアキ先生の大島紬

おばあさまやお母様から

譲り受けられたものもあるでしょうが

 

これほどまでの多岐にわたる種類の

コレクション!

 

着物愛ドキドキと情熱メラメラですよね~

 

さて、

一通りの解説&体感が終わると

今度は自分自身で見分けられるか

クイズ用の着物も準備されており

 

学んだ事を思い出しながら

ときどきレジュメをチラ見しながら爆  笑

クイズの用紙に書き込んでいきました

 

解説を聞いて講座終了だと

ふ~ん で終わりそうですが

数枚の着物を

自分で見分けられるか となると

 

必死で思い出し

確認作業をするので

学んだ事もしっかりと

頭にたたき込まれた感じがします

 

また家にある大島紬を引っ張り出して

見分けたら、

さらにしっかり

覚えられるかなラブラブ

 

それにしても気が遠くなるほどに

本当に手の込んだ織物であると

改めて感じました

 

そして分業だからこそ出来る細かい作業

でも

分業のどの方が欠けても

できなくなってしまうもの

 

生産量がどんどん減ってる話も聞きましたが

どうかこの素晴らしい織物が

末永く続いてくれることを願います

 

今日着ていった大島紬にも

ますますの愛着がわきました

 

チアキ先生、ご一緒させていただいた皆様

楽しくて充実した一日を

ありがとうございました

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。