写真撮影時、美しい佇まいのコツ3

今日は写真撮影時の足と体の向きについてお話ししますね。

 

さあ、今から貴女の撮影をしましょう

そんな時、あなたはどちらを向いていますか?

 

美しくありたい、そう願うあなたは

無造作にカメラマンの方にまっすぐ向き、

足も広げて立っているっていうことはありませんよね?

 

数名で一緒にお出かけして

せっかくだからと誰かにシャッターを押してもらう

✨笑顔✨ で写ることに気を取られ

出来上がった写真を見れば

体はカメラに向かい足も広げて仁王立ち(-_-;)

それではせっかく着物を着て、いい笑顔で写っていても

ちょっと残念ですよね💦

 

着物を着付ける時

わざわざ寸胴になるように補正をするでしょ?

着物を着た姿は直線的、平面的

そのまま体をカメラに向けてしまうと…

のっぺりした感じに写ります

 

すこーしばかりひねりを入れてみましょう

まず左右どちらでもよいので

ご自身の斜め前方にカメラマンがいはるように良い姿勢で立ちます

左右の足は少し開き、重心(体の軸)はカメラマンに近い方の足に移動

もう一方の足はかかとをやや外に開き、軽く膝を曲げて

上半身をねじり、カメラマンの方へ向きましょう

体の軸は足から頭までまっすぐ、いがめたりはしません

 

ポーズレッスン中のスナップ ちゃんと撮影してもらうなら 左足を下げたほうが 着物のすそ柄がちゃんと見えて美しいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで完成ですが、更に美しくなるように、

肩甲骨をしっかり後ろへ引いてみましょう

胸が開くのが分かりますか?

首から肩にかけてのラインもきれいに出ているはずですよ(^^♪

 

さあ、カメラに向かってにっこり微笑みましょう

 

次回、写真撮影時、美しい佇まいのコツ4では

手をどうすればよいかお話ししますね。

 

写真撮影時、美しい佇まいのためのコツ2

昨日のブログで、

写真撮影の時は姿勢や手先足元等ポーズを整えたうえで、

上半身の力が抜けているときれいだ と書きました。

 

力を抜くことが一番難しく、

また一番大切かなと思ったので

先に書いちゃいました。

では姿勢や手先・足元を整えるって?

 

今日は姿勢について書きますね。

 

貴女の一番良い姿勢ってどんな感じですか?

ではちょっと、あなたの思う一番良い姿勢で立ってみてください。

それは貴女にとってラクな姿勢でしょうか?

それとも頑張ってその姿勢を維持しないと崩れてしまうのでしょうか?

 

貴女にとってラクな姿勢が一番良い姿勢であることが理想ですよね。

 

レッスンにお越しいただくと確認することがあります。

よければ貴女も一緒にやってみてくださいね

 

まず壁に沿って立ってみます

頭も壁にくっつけ、肘も横に張って壁につけます

 

いかがですか?

壁が思ったより後ろにありますか?

肘を壁につける時、上半身のどこかが引っぱられた感じがしますか?

 

では両手を戻し、ふーっと息を吐きながら脱力、

力を抜いてみてください。

貴女の姿勢は変わりましたか?

ちょっと前のめりになったり、

骨盤の角度が変わったりませんでしたか?

 

一般的に壁に沿って立った時が一番良い姿勢と言われます

「その姿勢をしっかり覚え、キープしてくださいね。」

そう言われても、その姿勢が貴女にとってしんどい姿勢であれば、

キープし続けることは難しく、

無意識のうちに楽な姿勢へと戻るはず

 

ではどうすればいい?

しぐさ美人のレッスンでは

脳をだますことをお勧めしてます

 

え?騙すんですか👀?

 

壁に沿って立った姿勢を『ゼロの位置』とすれば、

しぐさ美人では『マイナスの位置』を脳に覚えこませます。

左右の肩甲骨をぐ~っと引き寄せ

後頭部をぐ~と引き寄せ

かなり後ろに反った姿勢

この『マイナスの位置』こそ

脳に覚えさせる貴女の美しい姿勢なのです。

 

『マイナスの位置』は美しいと言うにはかなり無理があり、

意識して反らないとできません(。>﹏<。)

でも、その姿勢をとった後、

ふーっと息を吐きながら力を抜いてみてください。

とても楽に『ゼロの位置』に戻ってきたでしょう?

 

体が楽に、自然に『ゼロの位置』つまり美しい姿勢ができているのです

 

見た目はおかしい後ろに反った姿勢を、

脳にはこれが美しいと騙して覚えさせ、

体の力を抜いて自然な姿勢に戻った時こそ

美しい姿勢になっている

 

レッスンで確認していただいた『マイナスの位置』は

おうちでも時々思い出しては再確認、

何度も何度も脳に教えてくださいねとお伝えしています。

 

そうすればカメラの前に立った時でも

自然に『ゼロの位置』=美しい姿勢で立つことができますから٩(✿╹◡╹✿)۶

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は姿勢について書いたのですが、

横道それすぎるかと思い、

これまた今日も省略した箇所があるんです

『左右の肩甲骨をぐ~っと引き寄せ
後頭部をぐ~と引き寄せ
かなり後ろに反った姿勢』

という箇所

 

日常生活において、

前にかがむことはあっても

後ろに反るような動きは

まずないですよね(。・ˇ_ˇ・。​)

 

レッスンに来てくださる方も

肩甲骨を引きよせているつもり

後頭部を後ろへ引っ張っているつもり…  なのですが

最初はなかなか動きません💦

 

体をほぐしてあげないと、

使ってない筋肉はカチカチで思うように動いてくれないんです

そんなときには魔法のマッサージ、

またブログでもご紹介しますね。

では今日はこの辺で。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

写真撮影時、美しい佇まいのためのコツ

お着物でお出かけされる貴女、

写真に写るお姿は満足いくものですか?

 

立ち姿は美しいですか?

指先まで美しいでしょうか?

足元はいかがですか?

 

表情だけでなく指先や足元、

姿勢やポーズ…

写真を撮ってもらう一瞬で

あっちもこっちも、たくさんのことを意識していたら

力が入りすぎてガチガチになってしまいそう(-_-;)

 

そう、美しい佇まいであるためには

姿勢や表情がよいのはもちろんですが

程よく力が抜けてないと美しいとは言えないですね。

 

『力を抜く』

なんでもないことのように聞こえますが、

案外難しいんです

 

何か危険な状態に出くわした時

すぐに身を守れるように

無意識のうちに脳の指令によって

身体に力が入ります

もちろん意識して力を入れることも簡単にできます

 

では力を抜くのは?

ある程度は抜けるかもしれません。

でもそれ以上にもっと脱力しようとすると、

脳が危険を察知し、

万が一の為に力を抜かないように、

あるいは力を入れようとするんです

 

しぐさ美人のレッスンでは

講師の補助によりしっかり力を抜く練習をします

しっかり力を抜くとどのような感じになるのか、

それを体感したのち

今度は一か所に力を集中させ、それ以外の箇所は力を抜く

という練習もします。

 

写真撮影の時は姿勢や手先足元等ポーズを整えたうえで、

上半身の力が抜けているときれいですね。

 

そして肩に力が入っていると一緒にいる方へも緊張感が伝わるもの

写真だけでなく、普段から上半身は程よく力が抜けると

一層美しくなりますよ✨


一歩踏み出すために まずはこれ!

貴女は今、何に興味をお持ちですか?

食べてみたいもの

行ってみたい場所

やってみたいこと

 

いつか行きたい、いつかやってみたい

しょっちゅうそんなことを思うのですが、

実現するのはごく稀です(^^;

 

いいなぁ…

遠いしなあ…

時間ないしなぁ…

お金もかかるなぁ…

 

確かに気になるものをなんでもかんでも、となると

時間もお金も体力も減るばかりで

結局くたびれ果てるだけ。

 

本当に手に入れたい?

どうしても必要?

よく考えてみて

必要だ、価値があると思うなら

思い立ったが吉日

 

まずはやるぞ!って決めましょう

決めることが大事です

決めるとその瞬間から

脳は他人事ではなく自分事として考え始めるようです

 

私は2年前に、出かけるときは着物を着ようと決めました。

それまでは着物を着たいと思っても、

何かしらできない理由をみつけては、

着物を着る機会をのがしていました。

 

でももう大丈夫!

出かけるときは着物って決めたんで、

迷うことも、できない理由を探すこともありません。

 

(あ、もちろん例外もあるし、この場合は洋服って決めてることもありますよ)

 

そして昨年5月、しぐさ美人に出会った時

着物での佇まい・立ち居振る舞いを美しくしよう

私自身が美しくなるって決めました。

祇園の舞妓さん・芸妓さんたちを

羨望のまなざしで見ておりましたが、

美しいなぁ いいなぁではなく

私もなろうと。

 

「憧れ」てるうちは他人ごとなんです

「なろう」って決めると自分のことになります

自分のことになってしまうと、

脳のスイッチが切り替わって

自然と思考や行動が変わってきました

 

何かに迷い憧れ続けている貴女、

そろそろ脳のスイッチ 入れてみませんか?

きっと笑顔がふえますよ


 

違い、分かりますか?

今日は祇園祭宵々山。

連休と重なっているので例年以上の人出のはず

早めに出かけ、早めに帰宅。

今年は娘とともに浴衣でお出かけ💕

 

2年ぶりに浴衣を着た娘には

歩きながらあれこれアドバイス。

背中丸いわよ、下向かずに前を見てごらん、

歩くときの重心移動や足の運び方も。

 

でも自分の姿が見えないから、

ラクな歩き方へラクな姿勢へと戻ってしまう(^^;

そう、少しでもラクをしようと

脳が勝手に指令を出してしまうんですよね💦

 

街の中は人出が多いとはいえ、

時間が早いこともあって道はまだゆったり歩ける感じ。

浴衣姿や着物姿の人も結構いらっしゃる

 

そんな中、きらりと光る美しい浴衣姿の人

姿勢がよく、程よく力が抜けてる感じ、

ただそれだけでも美しく、周囲の人々とはちょっと違う

 

娘にあの人の姿勢を見てごらん、

歩き方はどう?

こちらの人は?

立ってる姿は?

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでは「浴衣を着てる人」くらいにしか

見えてなかったようだけれど

見るべきポイントを教えると、

だんだん美しい着物姿、歩き方が

わかるようになってきた様子

 

そうなれば脳のスイッチが切り替わったようで、

姿勢の為の秘密のマッサージも思い出し

自発的にやりだしたの( ´艸`)

 

「美しい姿勢✨」の方が

実は着物姿には「ラク」ってことが分かってきたみたい٩( ´◡` )۶

背筋がスーッと伸びてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに長時間なれない下駄で歩きすぎたので

歩き方までは直せへんわーって言ってましたけど。

でも美しい歩き方がどんなので、

自分の歩き方がどんな感じか違いは分かったようですね。

 

違いが分かることが美しさへの第一歩✨✨

放下鉾見送り 大好きな皆川泰三氏作

蟷螂山 かまきりおみくじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏はまだまだ始まったばかり

花火大会、五山送り火、まだまだ浴衣を着る機会がたくさん

しぐさ美人、また一人ふえました ٩(✿╹◡╹✿)۶