読書の秋

先日の友人とのおしゃべりで、同じ人の本が好きだということが判明。

彼女も私も20代の時に彼女の手紙の本に出合っています。


 

 

 

 

 

 

清川妙さん

もともと国語の教師をされており、その後執筆活動や講演、

カルチャースクールなどで古典に親しむ教室をされてました。

3年前、93歳で亡くなられるまで、たくさんの本を執筆されています。

いろいろなご苦労があったようですが、

彼女の文章は優しく上品で、読んでいて温かく包まれる感じがします。

 

少女のようなチャーミングな心を持ち合わせ

貴婦人のようなエレガントな言動、

53歳で英語学校に通いはじめるという向上心と

65歳でイギリスにひとり旅を敢行されたという冒険心

 

私もこんな風に年を重ねていきたい、

憧れの女性です

 

久しぶりに本棚から出してきたのは

「兼好さんの遺言」

吉田兼好の「徒然草」を

清川さん自身の体験などを織り交ぜながら紹介したエッセイ。

 

ひとり燈火のもとに文をひろげて

見ぬ世の人を友とするぞ、

こよなう慰むわざなる。      - 第十三段

 

学校で古典を習っていた時は、言葉や文法・読解が中心で、

書かれている内容をじっくり味わうというものではなかったように思います。

私はちっとも興味を持てず、何を習ったか、

何を読んだかも記憶が定かではありません💦

 

「見ぬ世の人を友とする」

前にも読んでいたはずなのに、

今回は特にこの言葉が

スーッと私の中に入ってきて、、

非常に新鮮に感じました

 

清川さんの温かくて優しい人柄が現れている文章は、

読んでいて心地よく、

また、兼好法師をご自身の親友を紹介するかのように

丁寧にユーモア交えて書かれています。

 

「私たちの生き方の力強い道しるべとなる、

兼好さんの言葉の花束」

 

清川さんだけでなく

兼好法師とも「友」となりたいと思い、

「徒然草」を手にとり、

少しずつ読み始めました。

 

本の話で盛り上がった友人も、

きっと今頃はまた清川さんの本を手に取り

読み始めているはず

次回会った時、また本の話の続きができると

今から楽しみです🎶

 

今年は読書の秋を楽しもうと思います

 


 

 

 

香料について

昨日のネットニュースで衣類洗濯で使用する柔軟剤の「におい被害」の問題が取り上げられていましたね。貴女はどんなものをお使いですか?

 

ドラッグストアに行けば人工香料入りのものがたくさんあります。

台所用、風呂・トイレ用、衣類用洗剤や柔軟剤、

シャンプー・リンス、石鹸類、化粧品、

消臭剤と言いつつ香り付き、

制汗剤も香入り

挙げていけばきりがありません💦

 

私は人工的に作られた香りが苦手です。

香水なども鼻がムズムズしだして

くしゃみが出る始末(^^;

 

使う消臭剤などはたいてい無香料。

洗濯時には洗剤のほかに重曹を混ぜるので

殆どにおいは付きません。

 

柔軟剤代わりに時々使うのは酢。

夏、汗のにおいがきつい衣類を洗う時も

洗濯前に酢水に浸してから洗います。

お酢は柔軟剤代わりになり、消臭効果もあるんです。

 

食べるものもなるべく

人工的な香りや色付けされてるものを避けたいですね。

 

庭のミントや花の香りを感じながら

たまに使うとしたら天然香料・精油

ほのかに…あるいはかすかに香る程度が好きです

 

企業の販売戦略やCMに惑わされず、

自分自身が心地よいものに囲まれてすごしたいなと

改めて思いました。

 

嬉しいひと時 元気の素

昨日、平日にしては珍しく、

家族全員がそろった夕食。

 

とりとめのない、ごく普通の会話。

そこへちょっとした聞き間違いから

言葉遊びのようなものへと発展し、

女子3人笑い転げるゞ(≧ε≦o)

 

ケラケラケラケラ

転げる 転げる 転げる

 

その横で約1名

何だこいつらって一瞥し

すました顔で新聞読みながら

黙々と食べている

 

お土産に買ってきてくれたシュークリーム💕

デザートに出すと

女子のテンションますますUP⤴

 

ちょっと淋しくなったか

澄まして新聞読んでた一人も加わって

ケラケラ ゲラゲラは

まだまだ続く

 

何でもない平凡な幸せ

明日への活力

嬉しい夜でした

 

 

え? その使い方なんてお洒落なの✨

タイトルの言葉、

一緒にいた友人に何に使うかと問われ

説明した後の彼女が発したひと言

 

私のお気に入りなんです

先日、新たに取り付けました

2か所目です

 

部屋の絨毯の色に合わせ、私が選んだのは

青・緑・黄 色名では伝えきれない優しい色の数々

「楮 天目染」

確か、阿波の和紙だったと思います

こちらの小窓に取り付けました🎶

 

 

 

 

 

 

 

 

和紙を通して入ってくる日差しは

ほんのり優しい光

風に揺られて気持ちよさそう

 

これを購入したのは京都文化博物館内にある

「和紙の店 楽紙館」

 

 

 

 

 

 

 

 

実は私、紙類が大好きでここに足を踏み入れると

1時間くらいあっという間

色んな色の大きな和紙、兜の絵の友禅紙、千代紙、

額に入れて飾ってみたり

ブックカバーを作ったり、

手紙に貼ったり封筒を作っても素敵❣

 

レターセットやポチ袋、

贈る相手の顔を思い浮かべながら(๑◔‿◔๑)

お店のディスプレイを参考に

どこでどう使うか想像するのも楽しい(^^♪

 

全国各地の紙を取り扱っているこちらのお店、

まるでちいさな紙の博物館

ここにもあった和のこころ・伝統を伝え

身近にあるとほっとする嬉しいもの

お勧めです٩(✿╹◡╹✿)۶

 

 

 

 

 

 

 

淡路島!家族連れにもお勧めスポット

🚗徳島旅行 パート3🚗

徳島で阿波踊り・藍染めを満喫した後は

今回旅行の最後のテーマ「海鮮」を求めて淡路島へ

 

向かったのは「大鳴門橋記念館」にある

「絶景レストラン うずの丘」

ここでは美しい景色を満喫でき、

地元淡路島の新鮮な食材を生かしたお料理を堪能できるんです💕

 

淡路牛、えびすもち豚、手延べそば、玉ねぎ、海鮮…

うーん、どれも美味しそう(๑´ڡ`๑)

私が一番食べたかったのが

 

淡路島の絶品 ✨赤ウニ✨

 

だったんですがー(◞‸ლ)

藍染めを満喫しすぎて

レストランに着いたのは既に1時半を過ぎており(^^;

「本日入荷のウニは完売しました」

あああぁ~

 

ま、仕方がないです。気を取り直し、

「海鮮ひつまむし」「淡路島しらすの十八番めし」

をそれぞれ注文

 

 

 

 

 

 

ちらし寿司として、

わさび醤油でお造りとして、

そして薬味と出汁でお茶漬け(⋈◍>◡<◍)。✧♡

どの食べ方もそれぞれ美味しくって

ん~ 最高❣

 

岩屋の生しらす、湊のちりめん山椒、福良の釜揚げしらす

 

 

 

 

 

 

 

 

家族のもちょっと手を伸ばしてつまんじゃいました。

「生しらす」って静岡のイメージでしたが、

こんな近く・淡路島で食べられるなんて幸せ♡

ちりめん山椒の甘い味付けが意外(❍ʻ◡ʻ❍)

 

1F「ショップうずの丘味市場」でお土産を買い、

「淡路島オニオンキッチンうずの丘店」では

おやつ用に「あわじ島バーガー」をテイクアウト

味はもちろん、なかなかのボリューム

写真撮ってなかったなぁ…

 

うずしお科学館や展望台もあってお子さん連れでも楽しめますよ

いやぁ また是非来たいですね。

気候のいい頃、ゆっくり時間をとって

海を眺めていたいです。

もちろん次回こそはウニ💕食べたい