さむ~い夜にオススメの一品

アレもしたいこれもしたいと欲張って、

寝不足も続いたからか、

とうとう熱を出して寝込んでしまいました(^^;

 

今は咳だけが残ってます。

咳が出ないときは元気なんですが、

一度で始めると苦しくって大変です💦

 

今日も寒い一日でしたね。

風邪ひきそうになったり

とても寒い日に作るメニュー

キムチ入り味噌汁

根菜いっぱいにキムチが入れば

体も温まり怖いものなし!

 

なんですが…

今回は喉をかなり痛めてまして…

ヒリヒリしたらいやだなあと思い、

粘膜に優しい人参たっぷり

人参ポタージュスープにしました。

鍋で玉ねぎと人参スライスをバターで炒め

水とコンソメ冷ご飯を少々

柔らかくなったら火を止め冷ます

ハンドブレンダーかミキサーでトロトロにし、

牛乳でのばし、塩コショウで味を調えればできあがり。

生クリームがあればちょっと入れたいかな(^^)/

 

*****

昨冬からポタージュスープに凝ってるんです

たくさん作って翌朝にも飲めるように(^^♪

 

かぼちゃ、キャベツ、さつまいも、ビーツ、紫キャベツ…

色んなポタージュ作ってます💕

ぼちぼちそちらも紹介しますね。

 

今日もあったか~くしてお休みください

寒い時期、これであったまろ!

徳島の柚子が届きました。

大きくって艶やか

洗ってたらいい香りがし始めました💕

 

早速、柚子茶づくり

外皮、実はもちろん、薄皮や種も一緒に入れます

種を入れるととろみが出て美味しいんです

そして氷砂糖を。

 

ビタミンCたっぷりの柚子茶、

体も温まり、風邪予防にも。

寒い冬には欠かせません!

 

砂糖が溶け出しとろみがついたら出来上がり。

10日後くらいには飲めるかな(^^♪

あ~ 待ち遠しい ٩꒰。•◡•。꒱۶

食べるだけでなく、セットがお勧めです!

今日もまた、美味しいものの話です^^;

でもそれだけではありません。

 

魚が食べたいなと思い、

いつも行くスーパー内のお魚屋さん

何があるかなとうろうろしていると

珍しいもの発見👀

 

 

 

 

 

舞鶴の生ウニがなんと6個で180円!

わぉ❣

 

よくよく見たら、

「身はほとんど入っておりません」

との注釈付き(#^^#)

 

え~ ほとんど入ってなくても、多少は入ってるんだよね…

ウニの中ってどんなのか見てみたいし…

何よりいざって時の為に練習しておくっていうのは大事だよね(^^♪

 

いや~ 一体、いつその「いざ」って時が来るのか知りませんが、

でも日頃の練習はどこかで必ず役に立つものです!

と、自分に言い聞かせ、ルンルンでレジへ

くくくっ(*´艸`*) レジのお姉さんも値段にビックリされてました

 

お魚屋さんの店員さんに教わった通り、

右手で包丁をしっかり握り

ウニの上に包丁を載せ、

ハンドタオルをかけて左手で押す

殻は固いし力をかけるけれど中身はつぶさないように…

 

 

 

 

あ~ 確かに身は少ないですね(^^;

ウニの殻を触っていると

指が紫色のような茶色のような…に染まってきました。

 

黒い部分を丁寧に取り出して、

塩水の中で振り洗い

そして取り出した身を集めてみると…

じゃじゃーん!


 

 

 

 

ほんとうに、ちょこっとですね(灬╹ω╹灬)

 

主人は今晩宴会らしく、

子どもたちは多分食べないので

私が ぜーんぶ 独り占め٩( ´◡` )۶

 

味見程度ではありますが、

でも磯の香りがして

とても美味しいウニでした💕

 

理科の勉強ができ、

事前練習もでき

美味しく味わえたところで

さてと、いつものアレを!

 

家にいるとついつい何か飲んだりつまんだり…

ちょっと一口、もう一個だけ…

食べるばかりはいけませんね。

 

つまんだ後は しぐさトレーニング!

 

そろそろ夕飯の支度もしなくちゃいけませんから

ちゃちゃっとできる「脚ぶらぶら」を頑張ります。

つまみ食い+トレーニングをセットにしておくといいですね。

 

え?「脚ぶらぶらトレーニング」気になりますか?

では次回ご紹介しますね(^_-)-☆

 

 

秋シリーズ ~美味しいもの

今日、栗が届きました💕

 

友人が栗拾いに行ってきて、

たくさんあるからおすそ分けって送ってくれました。

栗拾い、いいなぁ…

子供たちが小さかった頃はブドウ狩り・

芋ほり・栗拾い…いろいろ行きました。

懐かしい(#^^#)

 

で、早速栗の下ごしらえを!

 

 

 

 

 

 

今年は既に栗ご飯を作ったので、

今回は栗の渋皮煮に挑戦しようかな(^^)/

渋皮煮、出来上がったのを頂いたことはありますが、

自分で作るのは初めてです。

 

秋は美味しい野菜や果物がどんどん収穫され、

それらを使ったスイーツがこれまた美味しい💕

芋・栗・南瓜…(๑´ڡ`๑)

幸せの季節です🍰

 

あ、でも食べてばかりはいけませんね!

 

しぐさ美人は…

しっかり肩甲骨を動かして~

脚裏筋肉もしっかり鍛えて~

代謝アップで余分なカロリー消費

美味しく・楽しく・美しく を目指しましょう٩(✿╹◡╹✿)۶

ぼた餅?おはぎ?

彼岸の入りですね。

私の大好きな、仙太郎さんのぼた餅を買ってきました。

 

ここの牡丹餅は『大葉』が入っているんです。

ですから甘みの中にも爽やかさがあって大好き!

粒あん、きな粉、七穀ぼた餅の三種類あり、

七穀ぼた餅が私の一番のお気に入りです💕

 

 

 

 

 

ところで私は 春は「牡丹餅」秋は「お萩」と呼んでいたのですが、

仙太郎さんでは年中「牡丹餅」として売られてます。

またこの呼び名、地方によっていろいろだそうですね。

 

こしあんと粒あんの違い

一口サイズか大きいものかの違い

うるち米が主かもち米が主なのか…

そして名称の由来もこんなのがありました。

 

炭鉱で石炭採掘の際,粗炭 (原炭) のなかに混ってくる捨石を「ぼた」という。

米も出荷できないような割れたコメをぼたと呼び、

その米で作ったおもちだから「ぼたもち」

 

田んぼの土手のことを「ぼた」といい、

「ぼた」が崩れないようにと願い、

田植えが終わるとぼた餅を食べる。

 

 

また、季節によって違う呼び名もあるそうですよ

春『牡丹餅』:春の彼岸に先祖への供物。

小豆餡をその時期に咲く牡丹の花に似せたことから「牡丹餅」

夏『夜船』:ぼたもちは「餅」とは作り方が異なり、

ぺったんぺったんと音を立たないので、

隣人にはいつ餅を搗いたか知られない。

「搗き知らず」→「着き知らず」→

「夜は暗いからいつ船が着いたか分からない」→「夜船」

秋『お萩』:秋の彼岸に先祖への供物。

小豆がその時期に咲く萩の花に似ていることから「お萩」

冬『北窓(きたまど)』:夜船と同じく、

「搗き知らず」→「月知らず」→

月が見えないのは北側の窓ということから「北窓」

 

昔は砂糖は貴重なものであり、

現在のようにスイーツ食べ放題っていう訳にはいきませんよね。

田植えの後の楽しみであるとか、

ご先祖様へのお供えとして作り、

一緒にいただくとか

季節の楽しみだったのでしょうね。

そして楽しみであったからこそ、

呼び名も美しい花の名前を付けたり言葉遊びをしたりと

楽しんでいたのかもしれません。

 

貴女のお住まいの地域ではどんな名前で呼んでるのでしょうか?

地域特有の呼び名があるかもしれませんね。