少しずつの積み重ね… 脚の話

先日行った都をどり、

芸妓さん、舞妓さん方の踊りを拝見してましたら、

やはり軸がぶれず、とても美しかったです。

 

特に踊りながらの立ち座り、

上体が揺らぐことなく

すーっと真下へ沈んでいき、またすーっと真上へ伸び上がる。

いとも簡単にされているように見えますが、

結構大変なんですよ。

 

しぐさ美人のレッスンでもこの立ち座りができるようなトレーニングをするんです!

 

トレーニングと言えばスポーツ選手を思い浮かべるのですが。

スポーツ選手って筋肉が発達していて太ももとか太かったりしますよね。

一方やはり体を鍛え体を使うバレリーナ、女性の脚はすらりと伸びて細いです。

 

スポーツ選手とバレリーナでは何が違うのでしょう(。ŏ_ŏ。)

鍛える筋肉の箇所が違うのです。

体を鍛えがっしり太い脚は 脚の前の筋肉を鍛えているから

そしてバレリーナのように細く見えるのは、脚の後ろの筋肉を鍛えているから。

 

日本人が毎日着物で生活していたころは

自然と脚の後ろの筋肉を使っていたそうですよ。

帯がコルセット替わりになっていて、

自然と体の軸が整っており、

だらりと姿勢が崩れるようなこともなかったんでしょうね(^^)/

 

草履ではなく靴を履くようになり

いつしか脚の前の筋肉を使うようになって、

そうなると筋肉が弱ると膝に負担がかかり膝を痛めてしまう、

そして痛めた膝をかばおうと姿勢が崩れ、

今度は腰に負担がかかるという悪循環。

 

脚の後の筋肉を常に使っていると

年をとって筋肉が弱ってきたとしても

膝に負担がかかるということはありませんね。

 

【SBMしぐさ美人】メソッドのトレーニングは

きものを着た時はもちろん、

普段の生活でも役に立つことがたくさん

嬉しいことです♡

 

さあ、また隙間時間にちょっとずつ

トレーニング、がんばりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。