私のストーリー㊱ OL時代と浴衣

私のストーリー㉟はこちらから

 

私のストーリー㊱ OL時代と浴衣

 

私は京都の会社に勤めてたので

京都出身の方が多いです

 

同じ部署のある先輩は

祇園祭の鉾町の方で

お囃子をされてました

 

祇園祭の期間中は定時に退社、

鉾巡行の7月17日は

毎年お休みされてました

 

宵山や宵々山、せっかく行くなら

浴衣着たいよね~💕という話になり

会社へ浴衣持参

 

勤務の後、

会社の更衣室で浴衣にお着替え

2人が着付けできたので

自分の着替えを済ませ

同僚のをお手伝い

 

手荷物を最小限にして

いざ四条へ🎶

 

それ以外にも会社の仲間で

浴衣を着て貴船へ出かけ

川床ランチしたり

 

琵琶湖花火大会や

五山送り火を見に行ったり

 

気軽に着られる浴衣でのお出かけは

友人を誘いやすく

よく出かけたものです

あの頃は

着物風浴衣が少なく

「浴衣は夕方以降に着る」という

雰囲気でしたから

 

貴船ランチ以外は

夜のお出かけでしたねー

 

今は着物か浴衣か分からない柄のもあり

昼間に気軽に着て出かけられますね

 

この夏は友人が

着物を着てみたいけれど

ちょっと敷居が高いから…と

浴衣のレッスンに来てくれました

 

すごく楽しい🎶って言ってくれ

すこーしずつでも

着物に興味をもってくれたら嬉しいです

 

私のストーリー㊲へと続く

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です