私のストーリー㉟ 振り袖

私のストーリー㉞はこちらから

 

私のストーリー㉟ 振り袖

振り袖は華やかでいいですね

大好きです💕

 

十三詣りの時は

叔母が結婚式で着た中振り袖を着ましたが

成人式の時には買ってもらうことに

着物好きの母の一大イベントだったと思います

 

母の友人や私の同級生には

呉服屋さんや帯屋さんが多かったので

あちこち見て回りました

 

母も私も気に入った振り袖は

レンガ色の古典柄

その頃のはやりだったようですね

御所車や四季折々の花、

水鳥が描かれてます

 

帯は母の見立てたもの

振り袖の時にはもちろん

訪問着や留袖の時にも使える

かなり良いもの

 

予算をかなりオーバーしていたようですが

清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったわーと

言っておりました

 

私の母は父親や兄たち

男ばかりに囲まれて育っています

母が小学校へ上がる頃

母親が病気で亡くなったのです

そういえば母の成人式については

聞いたことがありません

 

母親がいなかったから?

男達ばかりだから?

着物は贅沢品だ、と

買ってもらえなかったのかもしれません

 

自身が着られなかった分

私には是非納得がいくものを着せたいと

思っていたのかもしれないですね

 

私の兄弟は、弟が一人

つまり振り袖を着るのは私だけ

せっかくいいものを買ってもらったので

着なければもったいないからと

ことあるごとに着せてもらいました

 

お正月、成人式、大学の卒業式

従姉妹や友人の結婚式

会社の100周年記念パーティー

結納、結婚直後の挨拶回り

 

思い出したのを数えただけでも15回

 

そのお気に入りの振り袖を

昨年娘が成人式の時に着てくれました

私が母に着せてもらったように

今度は私が娘に着付けました💕

 

 

母の思いと一緒に繋いでいく

宝物の振り袖

これからまだまだ出番がありそうです✨

 

私のストーリー㊱

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

感激の帯