私のストーリー⑦ 琵琶湖の思い出

大人から言われた何気ない一言

ふつふつとわいてきた感情は

怒りではなく悲しみでした

私のストーリー⑥はこちらから

 

私のストーリー⑦ 琵琶湖の思い出

私が小学校2年生の時

琵琶湖畔、近江中庄というところに

貸別荘が建ち始め1か月借りることに!

父は別荘から出勤です

 

まあ、別荘といっても

当時はプレハブの平屋つくり

寝る部屋とキッチンだったかな

松林の向こう、2~3分も歩けば琵琶湖

湖岸には丸いきれいな石や貝殻がいっぱい♡

他の別荘の子供たちと

毎日のように一緒に遊び泳いでました

 

慎重派の私は沖のほうへは行かず

泳ぐのは浅い場所

ちょうど背泳ができるようになり

楽しかったころでした🎶

 

プールなら天井が見えますが

琵琶湖で見えるのは空ばかり

自分がまっすぐ泳げてるか分かりません

 

ある日、あまりに気持ち良かったので

まあ大丈夫だろうとずーっと泳ぎ続け…

 

どのくらいの距離泳いだかなと

立ち上がってみると

海岸に沿って泳いでいたはずが

いつの間にか沖のほうに💦

 

これはまずい!

 

あわてて得意な平泳ぎで

戻ろうとしたのですが…

 

泳いでも

泳いでも

泳いでも

 

ちっとも岸に近づいている気がせず

ますます気が動転

 

そのうち焦ってじたばたしてるだけに

なってしまいました😢

 

海岸にいた友達のお父さんが気が付いて

あわてて助けに来てくれ

そのお陰で今、私はここにいられてます

 

(肩の日焼け具合がすごい😅)

 

そんな怖い思いもしましたが

琵琶湖で泳ぐことは嫌にはならず

浅い場所で魚つかみをしたり泳いでました

 

さて2学期の始業式

クラスで「くろんぼ大会」がありました

夏休みを終え、誰が一番日焼けしたか

 

「水上君には負けたけど

女の子の中では一等賞だったー💕」と

喜んで家に帰って報告した私でした😅

 

日焼けだのくろんぼ大会だの

今では考えられない話ですね~

 

私のストーリー⑧へと続きま~す(*^-^*)

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です