私のストーリー⑥ 保健室の先生

歌が大好きだった私幼稚園くらいまでは

たいてい聞き覚えですよね

 

重松清さんの「きよしこ」に すごく親近感を覚えました

私のストーリー⑤はこちらから

 

 

私のストーリー⑥ 保健室の先生

幼稚園を卒園すると

太秦小学校に入学しました

三条通りの商店街を通り

広隆寺の交差点を曲がってすぐ

歩いて20分ほどです

 

入学後数日間は

友達や友達のお兄ちゃん達と

登校したのですが

やはり朝が苦手な私は

早く登校して遊びたい友人達とは別に

一人で登校してました

 

1クラス44人、

1学年12クラスある

マンモス校でした

 

毎年恒例の

健康診断や集団予防接種は

あまりの生徒数の多さに

大変だったと思います

 

保健室の先生は

中年のおばちゃん先生

ちょっと神経質そうな怖い人

 

私の番が来て

お医者さんではなく

保健のおばちゃん先生が

私の目を診てくれたんです

 

まぶたを指で開いて

白目や黒目の状態を確認したのかな?

そのあと一言

「汚い目やなー、はい、次~

 

慣れない1年生達の健康診断

思うように事がはこばなくて

いらいらしてたんでしょうかね💦

 

言われた私は

怖くて聞き返すこともできず

 

目が汚いってどんなん?

白目が汚れてるん?

私って汚いの?

悲しい気持ちになりました

 

怒りとか悔しい気持ちとかではなく

そうなんだ… という悲しみ

 

母にも言えず

誰にも言えず

自分の中に押し込みました

 

2年生になる時に

分校ができたので

1学年6クラスに

 

保健室の先生も

若くて優しい女の先生が来てくれて

ほっとしたことを覚えています

 

私のストーリー⑦

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です