贈り物を渡すとき

学生時代、とても大きなプレゼントをもらったことがあります。

両手に抱えるほどの大きな箱

中身は陶器

その形がゆえに大きな箱になってしまってたのですが、

重そうで (((╹д╹;)))

受け取るのにちょっとためらった記憶があります。

 

私が人に贈り物をするとき、

相手の好みを把握している場合はともかく、

なるべく消えてなくなるもの(生花や食べ物)、

邪魔にならない小さなものを選ぶようにしています。

 

そして、その方が気に入ってくれるといいな (˘◡˘)

笑顔になってくれるかな (๑╹◡╹๑)

喜んでもらえますように!

そんな思いを込めて選びます

 

でも小さいと、

中身も価値も軽く見られてしまうこともありますよね(◞‸◟)

では小さなものをお渡しするとき、

どの様に渡せばよいでしょう…(。ŏ_ŏ。)

 

想いも一緒にお渡ししたいから、

両手で持ってお渡ししますよね。

大切なものは胸(心臓)あたりで捧げ持つといいます。

 

肩甲骨をぐっと後ろへ引き寄せ、

肩甲骨から伸びた両手で持つと、

実は自然と胸のあたりで持つことになるんです

 

軽いものは重々しく、丁寧に、

重いものは軽々と

肩甲骨を意識して持つ

 

そうすれば受け取る側も

大切なものをいただく、

そして自分自身も大切に扱われていると

感じてもらえるのではないでしょうか (✿╹◡╹)ノ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。