専門学校でお仕事

10月、11月、12月と3回

京都のデザイン系専門学校へ

行ってきました

 

学生さん達が挿絵を描かれるので

着物モデルをし

最後の回に講評を

 

男女合わせて10人くらい

七五三の時にはもしかしたら

着物を着たことあったかもしれないけれど

 

着物は着たことないし

間近で見ることないとのこと

 

立った時の身体の軸がどこか

着物を描くのに

ポイントなどを伝え

10分~20分位でデッサン

モデルが交代して別ポーズ

次々とポーズを変え

そのたびにポイントの説明

 

学生さん達は黙々とメモを取り

どんどんデッサンしていきます

 

モデルの私たちは交代できますが

描く学生さん達は延々と…

すごい集中力でした

 

初回は着物も見慣れないし

どう描いたらよいのか

コツを掴みにくいのか

??という画もありましたが

 

2回目はササッと描くデッサンも

慣れてこられたのか

皆さんサマになってきて(*^-^*)

 

先日の3回目には皆さん

色つけなども済まされ、仕上げ

それぞれプレゼンテーションしてくれました

1・2回目はポーズのデッサンのみ

その後、着物に自由に絵を入れたり

髪形も自由に描いてもらう

 

どんな風に仕上がったのかなぁと

とても楽しみでした💕

 

それぞれの発表時に

工夫や苦労した点なども聞けました

 

図書館で着物の雑誌を見て

柄や髪形を研究した人

 

ネット検索で着物を調べた人

 

身内が結婚式の前撮り写真を撮るので

その時にじっくり観察できた人

 

振り袖だから華やかな柄に

雑誌で見かけて気に入った着物を参考に

モデルの私たちの着物を忠実に再現 など

 

皆さんかなり勉強し、

課題に取り組まれてました

 

それぞれのプレゼンテーションが終わって

講師から講評

お伝えしたことが理解出来ているか

描写力や表現力など

 

作品作りのための努力に感激し

表現力で想像以上の仕上りに感動し

いくつかの気になった点をお伝えして

修正してもらうようお願いしました

 

本当に素晴らしい絵を

ここでお伝えできないのが残念なのですが

すこ~しだけ待っていてください

 

実は友人が書いている電子書籍の

挿絵として使わせてもらうのです💕

 

着物がお好きなあなたにも

きっと役に立つはず!

また出来上がったらお伝えしますね(*^-^*)

 

 

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

振り袖着付け