六道珍皇寺へ

今日は友人と

京都のお寺巡りをしてきました

 

運動不足解消のため

一人でウォーキングしていると聞き

以前から行きたいねと話してた

「六道珍皇寺」へ

 

小野篁って聞いたことありますか?

 

平安初期、

嵯峨天皇に使えた官僚であり

閻魔王宮の役人でもあったと言われた人

 

昼間は朝廷に出仕して

夜は閻魔庁につとめていたという

伝説の持ち主

 

一体いつ寝てたんだろう? 笑笑

 

で、その小野篁が

毎晩冥界へ行くための

入口となっていたのが

六道珍皇寺にある井戸!

 

この井戸から冥界へと入っていき

閻魔庁での仕事を終えた後

朝に嵯峨野のあたりにある

お寺の井戸からこの世に

戻ってきていたのだとか

 

ね? 寝てる間ないよねー?

寝るのが大好きな私は

不思議に思ってしまうのです(^^;)

 

 

先月特別開帳されてたようです

今日は扉に付いている

小さなガラスから

覗いて拝ませていただきました

 

そしてその井戸は

やはり期間限定で

拝見できるとか

 

直近では7月だそうですよ

7月にもう一度行ってきま~す♡

 

そうそう、

篁のお能をされるそうですよ~

行きたいなあ♡

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

爽やかな飲み物

次の記事

甘茶の庭