ランチと甘味処 in 京都

今日は京都府文化博物館で開催中の

「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」に

行ってきました

 

昨年ふとしたきっかけで

国芳に興味を持ち

今回、二度目の展覧会

 

たくさんの作品があり

その一つ一つが興味深く

じっくり見てしまうのですが

一つ一つの作品が細かすぎ

また作品が多すぎて

今日はちょっと途中でギブアップ

しんどくなっちゃいました

 

今日の紹介はこのあとの

食べる話~爆  笑

 

くたびれたし、

お腹も空いたことだしと

いざランチへ

 

友人のおすすめで

馳走いなせや」さんへ

以前はお屋敷だったのでしょうか?

とっても素敵な建物を

そのままリフォームして使われてます

 

親子どんぶりが美味しいと聞いたので

早速注文音譜

 

まずは普通に食べて

残りは左端のお茶碗に取り

海苔やぶぶあられ

出汁をかけてお茶漬け風にドキドキ

 

ボリュームもたっぷりでしたおねがい

 

建物内は写真撮ってないのですが

女性トイレの手洗いは

暖炉を再利用してる感じ

天井も素敵な

応接間だった所を改造

 

私たちは2階の部屋へ通されたのですが

1階なら素敵なお庭を見ながら

食べられるのかも~

 

あまり勝手にうろうろ

するわけには行かないけれど

チラチラ見える様子は

とても素敵

 

私は一滴もお酒が飲めないので

楽しめませんが

ここではお酒も

いろいろこだわりがあるようで、

「馳走いなせや酒の会」というイベントも

されてるようですよ

日本酒好きな方にはいいかも~ウインク

 

さて、まだまだ

おしゃべりし足りないからと

近くの甘味処へ

 

京都甘味処 月ケ瀬」さんへ

ここの「あわぜんざい」が大好きなんですラブラブ

 

 

何しろ素材にこだわっておられ

粟は京都府宮津の

ある決まった農家さんのもの

 

こしあんには北海道産の小豆を

ぜんざいや粒あんには

丹波の最高級品「丹波春日大納言小豆」キラキラ

 

一口食べるとその美味しさが

口いっぱいに広がって

とっても幸せになるのですラブ

 

⇈これは以前に食べた「抹茶あわぜんざい」

あわぜんざいはこしあんがかけられてます

粟のプチプチ感が面白く

味と食感の両方を楽しめる音譜

 

友人はあわぜんざいを

わたしは迷いに迷って

抹茶クリームパフェに

 

美味しかったけど

さすがにいなせやさんの

親子どんぶりのあと

このパフェはきつかった爆  笑

 

月ケ瀬さんではこのほかにも

あんみつやみつまめ

むしやしない(要予約)もありますよ

 

地下鉄烏丸御池からも近いので

ぜひオススメです!

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

卒業式着付け