大島紬展へ

今日は雪にもめげず

着物でお出かけしてきました

 

待ち合わせの京都駅へ向かう途中

JRの中からパチリ

久しぶりの雪景色

結構積もってます

 

草履だと雪に埋もれそうなので

爪皮付きの下駄でお出かけ

多少の防寒にもなります~

 

ランチ→初弘法のあと

気になっていた

大島紬展へ

 

現地から織元さんや

織手さんも来られており

制作過程や

実際に織っておられるところを

見せていただきました💗

 

まずは図案を決めて

方眼紙に図柄を書き込む

それを元に糸を染めるのですが…

 

糸がとても細いので

まずは16本一組にして糊貼

え?糸ですか?と

聞き直したくらい

硬くてびっくり

 

その糸を今度は

締機を使って絣作り

 

布状にしてから

図案を元に染色

そしてそれをほどいていくと…

 

ひとまとまりが16本

この方法なら同じ色の糸が

いっぺんにたくさん出来ますね

 

縦糸・緯糸それぞれ染めて

やっとこれで

織るための糸が完成

 

ここまでの作業だけでも

気が遠くなりそう💦

 

さて出来た縦糸と緯糸を

機にセットして

織られるのですが

 

通常の織物と違い

先に糸を染めてあるので

模様がでるように

絣を整えながら織らないといけません

 

写真の赤丸の部分

青い矢印がさすあたりは

絣がぼんやりとしており

緑の矢印は

絣がハッキリと出てますね

 

爪と針のような専用の道具を使って

一本一本糸を調整して

絣柄がハッキリ出るように

整えていきます

 

万が一途中で織り手が変わると

調整がものすご~く大変なのですが

 

同じ織り手さんであっても

体調によっては織り方が

微妙に異なることも有り

調整が大変なようです

 

機で織るのが最終工程ですが

この細い糸を切らないように

一定の調子で織っていき

絣を整えていく

 

こちらもたいそう根気のいる

お仕事ですね

 

そして織り上がったら

市場へでる前に

かなり細かい

最終チェックがあるそうです

 

大変な時間と労力

そして思いのこもった織物✨

母からもらった大島紬を

大切に着ようと

改めて思いました💗

 

おまけ:

今日は珍しく

渋い着物で出かけました

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

『エレガンス』とは ⑤

次の記事

『エレガンス』とは ⑥