私のストーリー㉜ 祖父ご自慢の着物

私のストーリー㉛はこちらから

 

私のストーリー㉜ 祖父ご自慢の着物

私が4歳くらいまで

母方の祖父と一緒に暮らしてました

 

よく嵐山へお散歩に

連れてもらってたようです

 

あまり記憶に残ってないのですが

嵐山へ行くと

お花見団子を買ってもらうようで

 

ピンク・白・緑の三色団子は

私にとっては

「おじいちゃんのだんごお団子」 でした

 

40年ほど前に亡くなった祖父は昔

染色の仕事に携わっていたそうです

 

当時、海外から染料が

輸入されるようになり

祖父も使ってみたそうです

 

ドイツ染料で染めたものは発色がいいと

とても気に入っていたとか

 

写真の着物は

母のために祖父が染めたもの

祖父ご自慢の着物だったようです

 

戦争を経て唯一残ってる

この青い着物は

母→私→娘と三世代が着た

私たちの宝物乙女のトキメキ

 

 

いつか私に孫ができたら

この着物を着てほしいなラブラブ

 

となると女の子がいいなおねがい

その前に娘が結婚するかだな笑い泣き

 

なーんて

着物を眺めながら

おじいちゃんを想いつつ

ひとり楽しんでます

 

私のストーリー㉝へ続く~

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です