私のストーリー㉙ 社会人となって

先の事ばかり考えていた私

私のストーリー㉘はこちらから

 

私のストーリー㉙ 社会人となって

就職活動をしていたとき

またしても父から「銀行に就職しなさい」

そんな助言がありました

 

まだ当時は縁故入社というのもあったのですが

私が働く場所は自分で決めるからと

話を聞かず自分で探して活動してました

 

バブル期であり売手市場と呼ばれた時期

貿易部に採用して欲しいと

結構強気で面接に臨み

京都のメーカーに就職しました

 

予定通り貿易部✨

しかも営業補佐などではなく

私が一番興味あった

貿易事務に携われる部署

 

いろいろ失敗などもありましたが

熱心に黙々と仕事をしてたんで

上司や先輩方からは

信頼していただいてましたおねがい

 

私がしていたのは商品の輸出入の手続業務

代理店やお客様とのやりとりは営業担当者

直接クレームを受けることはありませんが

感謝の言葉もありません

 

きっちりとこなして当然の業務

それでも人から信頼してもらい

任せてもらえるのはとても嬉しいことでした

 

業務によっては

アルファベット一つでも

間違うわけにはいかないこともあり

自身が作成した数種類の書類を

タイプミスがないか隅から隅まで

徹底的に見直し

(入社数年はタイプライターでした~爆  笑

 

だから今でも案内文とかお知らせとか見てたら

気付いちゃうんですよ~ 間違いに

なんかおかしいぞって

 

お節介してしまったらごめんなさいね

あら探しをしてるわけじゃないんですよ

先に謝っておきます爆  笑

 

さて学生時代と比べ

自由になる時間は断然少ないですが

やはり自分で仕事をして得たお給料

自由に使えるのは嬉しかったですねラブラブ

 

母に毎月3万円渡し

財形貯蓄も定額しておき

あとは自由に使えるラブ

 

茶道

フラワーアレンジメント

フラメンコ

イタリア料理教室…

年々お稽古事を増やし

 

友人達と食事に行ったり

カラオケ行ったり

アフター5も充実

 

相変わらず5年先の心配などはしてましたが

毎日充実した日々で

「人生を楽しんでいる」

そんな風に感じていた日々でした

 

私のストーリー㉚へ続く

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です