伝え方「~と感じます」

「言霊」という言葉があるように
発する言葉には不思議な力があると
感じられることがあります

嬉しいとか楽しい言葉を発すると
気分もどんどん上がっていきますが

心の中にふっとよぎった嫌な感情
嫌だな とか 
しんどいな とか
めんどくさいな とか

ほんのわずかな嫌な感情を
いったん言葉にしてしまうと
「嫌」がどんどん膨らんでいって
「すごく嫌」になってしまう(*≧∀≦*)

だから心にちょっと
よぎったマイナス感情は
知らん顔してほっておきます

なるべく否定的な言葉を
口に出したくないのですが
それでも伝えないといけない場合もでてきます

そんなときは「肯定+でない」
あるいは多少ましな言葉に言い換える?

「嫌い」→好きではない、苦手だ とか
「無理よ」→難しいわねぇのように
言い切ることを避けて
語尾を伸ばしたりもします( ´艸`)


ところで私が最近知り、
よく使う言葉があります
「~と感じます」

相手良い感情を伝えるときは
「嬉しい」「大好き」「感激💖」など
なるべくストレートに表現しますが

否定的な発言するときは
「それはちょっと違うと感じるわ」
「あなたの雰囲気には合わないと感じるわ」

「違う」ではなく「違うと感じる」
「合わない」ではなく「合わないと感じる」

前者のように断定すると
相手を傷つけてしまうかもしれない

でも「感じる」という言葉を
付け足すことによって

私が感じるのであって
実際は違うかもしれないよ
あなたが良いと思うなら
それでよいのよ という含みがあるのです

受け取る側も
頭から否定されるのでなく
ワンクッションあることにより
受け取りやすく
なるのではないでしょうか(*^-^*)

相手に否定的な内容を伝えないといけない時も
この魔法の言葉を付け足すことで
相手に届けやすくなりました🎶

あなたも一度お試しくださいね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

学ぶことは楽しい

次の記事

ZOOMでレッスン