レッスンレポート ~力を抜く②

先日のレッスンで気づかれた

無意識に肩に力が入ってしまうこと

その時の話はこちらから

 

じゃあ、力が抜けた感覚って

どんなの?って

確認したときの話はこちらから

 

今日はその続きです

 

力を抜こうとしてもうまくできないあせる

いつの間にか力が入ってしまう汗

 

力を入れることは簡単ですが

力を抜く事って

ほ~んと難しいですよねショボーン

 

なぜって無意識で

危険から身を守るよう

脳にプログラムされちゃってるから

 

身に危険が及んだとき

きゅって身体に力が入り

身を縮める

そして危険から身を守ろうとする

 

反対に

身体から力が抜けてたら

即座に危険に対応できず

身を守ることができない

 

身体ってすごいですよね~

ほんと不思議

 

さて、

身体を守ってくれるのは

とっても有り難いのですが

危険でもないのに

 

ストレスや姿勢や環境で

どんどん力が入りすぎチュー

 

そうなると

肩は凝るし

首や背中も凝ってくるピリピリ

 

疲れも雪だるま式に

溜まっていっちゃうDASH!

それはちょっと困りますね~

 

力の抜く方法

いろいろありますよ上差し

 

肩に力が入ってる時って

実は

呼吸が浅くなったり

止まったりしてるんです

 

*わっ!と驚いたとき

*なんとかあの電車に乗りたい~と

 焦ってるとき

*細かい作業をしてるとき

*初めてのことで必死なとき

 

思い当たりませんか?

呼吸、しっかりできてますか?

 

いやいやそんな時は

呼吸の事なんて意識してませんよね💦

 

じゃあ逆に

山頂に着いたとき

花や緑に囲まれた空気がきれいな場所で

或いは温かいお風呂に浸かったとき温泉

 

ゆ~っくりと息を吸い込んで

あー いい気持ち~

わー いい匂い~

って思いながら

ゆっくりと息を吐いている

 

そんな時って

身体もリラックスしていて

脱力できてますよね

 

力を抜く方法!

ゆっくりと そして

しっかり息を吐き切る音譜

 

それだけで

余計な力が抜けていきますよ

 

頑張らなきゃって思った時こそ

しっかりと息を吐いてくださいね

 

深呼吸する時も
「吐く」方を意識して(^_-)-☆

 

お問い合わせはこちらからお気軽に

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

鬼のはなし

次の記事

味噌作り