紅葉狩り

今日はお誘いを受けて

白龍園へ行ってきました

 

 

ここは60年程前に作られた庭園

もともとは霊域とされていた山だったところ

荒れ果てていたのを

縁あって購入された方が

手を入れ整備されました

 

入場の際にいただいたパンフレットには

当時の写真と現在の様子が

紹介されています

 

熊笹と竹藪で覆われ荒れ果てた山

神様が悲しんでおられると

信仰のために整備して行かれた様子

 

専門家に頼らず

入手された故社長の強い思いで

社員さんや地元の方々と力を合わせて

造っていかれたのだとか

 

庭を掃除されていた年配の方

説明してくださったその方は

当時社長に付いて

一緒に庭を造られた元社員さん

 

80歳を過ぎた今でも時々

庭の手入れの手伝いに来ておられるとか

 

足元のいろんな種類の苔は

朝露できらきら輝き

太陽が高く昇って行くにつれ

青々と輝きを増す

 

 

見上げると

赤黄緑のグラデーションや

真っ赤なもみじ

杉や松の緑にも映えます

 

庭に点在している東屋から

見る景色はとても美しく

 

鳥のさえずり

川のせせらぎ

優しくそよぐ風

 

時がゆっくりと流れるようで

いつまでも座っていたい

そんな空間でした

 

自然の美しさに加え

造られた方々の思い

毎日手入れをしてくださってる方々の思い

神聖な空気感

 

そして

そこを訪れた人の

庭を大切に愛おしみ、愛でる

それらの思いが相まってるからこそ

 

ため息が出るほど美しく

こころも安らぐ場所などだと思います

いつも素敵な場所へお誘いくださる

妙子さんには感謝です💖

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です