上村松園さんの絵を楽しむ①

美人画はお好きですか?

 

私は上村松園展に行って以来

ますます美人画や浮世絵に

興味を持つようになりましたニコニコ

 

特にいま夢中な本をご紹介音譜

『もっと知りたい 上村松園」 加藤類子著

上村松園展に行ったときに

イヤホンガイドを借りたのですが

その時の解説の復習になりましたドキドキ

 

これまでも解説付きの

図録などを持っていたのですが

 

やはり実物を見てから

改めて解説を読んだり

絵を見ると

より親近感もわき

 

これまで見えてなかった

細かい部分まで

気づくようになりました

 

例えばね

 

これまでなんとなく

気になっていた袖口

 

これは上村松園さんの

絵だけではないのですが

 

袖口から長襦袢が

出ているのです

しかも割とがっつりと爆  笑

 

ある時代では

長襦袢がとてもおしゃれで

華やかな時代があったことは

知っています

 

でも、隠れたところのおしゃれで

敢えて見せない

なにかの拍子にちらっと見える

それがよいのだと思ってたのです

 

だから、なんでこんなに出てるの?と

不思議だったんですよ

 

これは江戸時代の

流行だったようですね音譜

 

特に「奢侈禁止令」が出てからは

外側の長着を地味な色目を着て

中側の長襦袢でおしゃれをする

そして襟元(割とゆったり着てたから)

袖口、裾からすこーし見せるおねがい

 

上の左の絵

どちらも真っ赤な地色に

白い花柄ラブラブ

可愛いですよね~

 

そして…

おしゃれだけでなく

手入れをしやすい長襦袢で

着物の袖口の汚れを

防ぐことができる!

実用的やん… って思うのは私だけ?

 

袖口のおしゃれキラキラ

注目していろんな絵を

見るのも楽しいですよ

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

京町家のカフェへ