レッスンレポート 羽織 ②

昨日の続きです

 

羽織を肩に載せるところまで紹介した

『レッスンレポート 羽織』はこちらから

 

両方の肩に羽織がのっかり

右の衿を右手で掴み

左の衿を左手でつかんでる状態です

 

左右の手を入れ替えて

(胸の前で手がクロス)

肩からずり落ちないかを確認

片方ずつ袖に手を通します

 

通すのは肘から

 

袖に手を通すとき

袂(たもと)を持って

肘から入れます

 

肘から袖に通し

袂を袖の中に落としたら

手先を袖口から出すんです

 

そうすれば

無駄な動きも無く

優雅な動きになりますねキラキラ

 

ただ身八つ口(脇下のところ)が

狭い場合がありますよねショボーン

 

そんな時は無理に

肘から通さなくても大丈夫

袂を持った手から通しましょう

 

両方の袖に腕を通したら

衿をぐっと外へ折り

左右の乳(ち)の位置が

同じ高さか確認して

羽織紐を結びます

 

手元を見ずに

パパッと羽織紐がくくれたら

かっこいいですよねラブラブ

 

まあ、手元を時々確認する程度に

チラチラ見ながらでもいいので

さっと結べたら素敵ですよウインク

 

次回のレッスンでは

羽織のスマートな脱ぎかたを

お稽古します

 

またご紹介しますね!

 

お問い合わせはこちらからお気軽に

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。