座る時に手は…

先日、

生徒さんとのお出かけ中

私が腰掛けるたびにする

右手の不審な?動き🤣

 

どうも気になったようで

その手は何してるんですか〜

って聞かれました

 

たいていは左手は

荷物を持ってるので

右手をひょいと動かして

座ります

 

脚の付け根あたりの

右横です

 

荷物をどこかに置いてから

ゆっくり座れるときは

左右の手を使います

 

はい、

これは着物を持ち上げる為の

手の動きです

 

着付けるときに

余計なダブつきやシワなどが

無いよう丁寧に着付けますよね

 

でもそのまま座ると

おしりに引っ張られて

帯下あたりの着物が下がります

 

おはしょりがあるので

その部分が出てきちゃう

 

そうなると立った時に

おしりの下あたりに

余計な布のたるみが

できてしまいます😅

 

ジーパンを履いて正座をすると

立った時に膝の部分が

ぽっこり出ちゃいますよね〜

 

ジーパンの場合はゆとりがないので

生地そのものが伸びてしまう

 

着物の場合はおはしょりがあるので

生地そのものが伸びるわけではないですが

おはしょり部分が下に出てきて

立った時にたるみができてしまいます

 

なるべくお尻が目立たぬよう

すっきりさせたいし

ましてやポッコリなんて

出てほしくはないですね〜😉

 

片手がふさがってるときは

せめてもう一方だけでも

両手が空いているときは

左右の手で

 

脚の付け根あたりの生地を持って

手首を使って

着物をちょっと持ち上げる

 

手首を使えば

そんなに大きな動きにならず

目立たないし

 

何より着崩れたりせず

きれいな着姿を

キープできます❤(ӦvӦ。)

 

スカートを履いてる時だって

座るときはしわにならないよう

整えたりしますよね!

そんな感じです

 

もしこれまであまり気にせず

座っていたのなら

次はちょっと試してみませんか?

 

そして座るときは

下半身を少しねじって座ると

よりきれいに座れますよ♡

 

 

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

半幅帯