初春特別舞踊公演へ

昨年からずーっと
楽しみに待ってた
玉三郎さんの舞踊公演(shiny)
行ってきました〜(3 hearts)

口上の時に
3枚の打ち掛けを
紹介くださいました(glad)

昨年のコロナ禍での
松竹座での初春公演で
なにかお客様に
喜んでいただけることが
できないだろうか

お正月らしく
華やかなことは
できないかと
始められた
打ち掛けの紹介

それがとても好評で
その後
南座や他の公演でも
是非にとの事で

季節などを考え
毎回違う打ち掛けを紹介されたそう

今回再び松竹座に戻り
お客様に喜んでいただけるように
きっかけをいただいた
松竹座での公演のためにと
1枚新調されたそうです

 

衣装を皆さんに
見ていただくのは恥ずかしい
ましてや
説明するのはおこがましい

そのようなことを
仰ってました

こだわり抜いて
作られたもの
それはそれは
素晴らしいものですが

それを
見せびらかすようなことは
よろしくない

そのような考えからの
言葉だと思います

舞踊においても
人間国宝になられた今も
コロナ禍で
なかなか公演ができないときも

毎日お稽古を重ねていると
対談で話されてたことがあります

どんな小さなことも
こだわり抜いて
自分自身にも厳しく
突き進んで行かれる姿

考えただけでも
私なんぞは
クラクラと
めまいしそうです

 

舞踊の中でも
かなりの重さのある
衣装やかつらをつけ

ちょっとバランスを
崩せば大怪我にも
繋がりかねない
体制であっても

いとも簡単にできるかのような
しなやかな舞い

ほんの僅かな動き
視線や指先の
美しい動き

瞬きするのも
惜しいくらい
堪能いたしました(shiny)

玉三郎さんの気品は
日頃の鍛錬
見せびらかさず
控えめな表現

うまく言葉にできませんが
そこから醸し出されて
いるものだろうなと

感動で
心震えながらも
満喫して参りました(love)

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

『エレガンス』とは④

次の記事

銀婚式