『この世界の片隅に』

今日は家族に誘われ、久しぶりに映画を見てきました

片渕須直監督・脚本の『この世界の片隅に

優しい音楽・色づかい・そして声優さんの声も

戦前・戦中の厳しいはずの生活を描いているけれど、

主人公すずの目を通して見ているので

つらさ苦しさはあまり表に出さず、

全てがほんわかとした優しい感じでした

 

イオンシネマで見たので終わった後はショッピング

気になってたお店へ

95751

 

 

 

 

 

 

 

 

風呂敷大好きな私♡

着物で出かけるときはよく持ち歩いてます

道中着や雨コート脱いだら風呂敷で包んでおくとか、

レストランに入った時膝にかけられる

旅行に行くときは必ず洋服を風呂敷で包んでます

 

今日はウォルナッツ材の部品を買ったので…♪

95754

 

 

 

 

 

 

 

 

バックに変身できます(^^♪

次のお出かけが楽しみー♡♡♡

 

今日は天気も良く暖かかったので

先日のウールに明るい色目の帯を合わせて出かけました

95748

 

 

結城紬って知ってる?

今日、仕立の店 藤工房さんで行われた

「紬の勉強会~結城紬編~」に行ってきました。

95739

憧れの結城紬♡

好きに触ったり写真撮ったりしてくださいねと言っていただけたので(*^_^*)

「結」マークがついている結城紬

重要無形文化財や

ユネスコ無形文化遺産に

指定されているんです

95738

染めの着物用の糸は繭から直接糸を引きだす「生糸」を使われますが、

紬用はまず、お蚕さんが入ったままの繭を熱湯の中に入れ(煮繭)

繭を柔らかくしてさなぎを取り出し、

写真左のように広げて真綿状態にしてから

糸を紡ぐそうです

これは結城のみでなく、紬一般の話なのですが、

着物1反分の糸を紡ぐには7人が同時に始めて半年かかるそうです( ゚Д゚)

 

そして結城紬の絣の話、織の話、

地機・高機 それぞれの縦糸横糸の関係

亀甲についてなどなど

詳しく教えていただけました。

これまでに本で読んだりはしてましたが、

実物を見たり動画を見せてもらったりと、

とても分かりやすかったです!

 

また、後半は参加者が持ち込んだ着物(紬)が

どういったものか見てもらえ、解説もしてくださいました

私は譲り受けた白大島を着ていき、見てもらいました、95742

私の白大島は片ス式の7マルキと判明。

もうおひとりの泥大島も片ス式の7マルキ

別の方のは泥大島の一元式12マルキ

最後の方のは都喜ヱ門というデザイナーの方ものだそう

これも数字や名称だけでなく、

実物を見比べ触り比べることができ

違いが分かりやすかったです。

こちらではこのような勉強会、

ときどきされているんだとか

興味持たれたあなた、

次回一緒に参加してみませんか?

私への連絡・お問い合わせはこちらへお願いします♪

95737

御池通りの街路樹が紅・オレンジ・黄・緑ととてもきれいでした。

来週末はもっと素敵に色づいているはず。

今ならまだ申し込み間に合います!!

11月18日に京都白河院にて「しぐさ美人撮影会 紅葉の宴」

もみじのお庭でプロフィール写真を撮りませんか?

この日は私の写真を撮ってくださった

青山 智圭子 さんに撮影をお願いしています。

プロフィール写真は得意とされており、

素敵な写真を撮っていただけますよ。 

 

「しぐさ美人撮影会 紅葉の宴」詳細はこちら

【しぐさ美人撮影会 紅葉の宴】へのお申し込みはこちら

寒い日にはこれ!

95660

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も柚子茶を作りました!

寒い時に飲むとほっとします。

 

柚子茶の作り方はいろいろありますが、

うちでは柚子と氷砂糖のみ

柚子は実や外皮はもちろん、

種も白いふわふわした部分もすべて入れちゃいます。

そうすればとろっとした感じになって♡

 

冷蔵庫で眠らせるとじわじわ氷砂糖が解けてきて

一週間後には飲めるかな

10日~2週間くらいするととろみが出で

もっとおいしくなってるはず

 

レッスンに来られた方にもお出ししますよ♪

お楽しみに(*^_^*)

 

 

 

美しくなるためには、土台って大切ですよね!

今日はKさんが着付けのレッスンに来られました。

Kさんおひとりだったので、

苦手な肌襦袢・補正・長襦袢までをまずはしっかり復習。

1度目着た時に着にくそうで

着付けてる時も崩れやすい。なぜ?

Kさんの肌襦袢が綿素材でなく化繊で滑りやすかったのです。

試しに私の綿の肌襦袢を着てもらうと、

「しっかり安定して着付けやすい」と実感していただけました。

 

他にも腰ひもの話。

私は綿、化繊、絹の三種類の腰ひもを持っています

でもいつも使うのは綿!

やはり綿だと滑らずしっかり留まるのです。

こちらも手触り比べてもらいました。

 

私が持っているのは幅3cmの腰ひもばかりですが、

以前知り合いが幅5㎝のをつかってました。

いいなあ。

腰ひもも単にくくればよいのでなく、

しっかり広げて面で襦袢や着物を抑えたほうが

しっかり留まるし体も痛くならないし。

 

腰ひもはくちゃくちゃのままにしておかず、

ぜひしわを伸ばして広げて使ってくださいね

そんな話をしながら、

Kさん今回は3度襦袢を着なおして

土台をしっかり整えてから

着物→帯へと進まれました。

とってもきれいに着られましたよ。

 

写真は載せないでねとの事でしたので

今日は報告のみです

 

 

 

 

 

着物1枚に帯3枚

ヤフーオークションで落札した帯が届きました♡

img_2288

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グレーの帯… と思っていたら、

箇所によっては微妙にグレーだったり茶色がかっていたり。

どちらにしろ、ちょっと派手色の着物に合わせて着ることにより

色味が落ち着くかなと思ってゲットしました。

 

ネットでの買い物は実物を見ることができないから

思ってた色と違う💦ってこともありますが、

着物と違って帯なら出る面積すくないし、

顔からも離れているから

似合う色に合わない色気にしなくても大丈夫。

 

ヤフオクでは

新古品・美品などが格安で出ているから

競らない場合はラッキー♡な値段で買えちゃいますよ

 

さてさて、今回の帯をゲットした理由!

独身の時に着ていた着物や

結婚の時に用意してもらった着物は

朱やピンクなど華やかな色が多いので

落ち着いた色の帯と合わせたかったのです

 

あなたのタンスにも派手色着物ありませんか?

帯の色でずいぶん雰囲気変わるから、

年を重ねてもまだまだ出番ありますよ

 

img_2297

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い帯は独身の時の。

img_2294

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紺の帯は母からもらったお下がり。

img_2291

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今日届いたグレー。

 

季節やあるいはその日の気分で色を変えて着まわせます。

帯揚げや帯締めなどの小物類の色合わせも考えると…

組み合わせを考えるだけでも楽しーい(*^_^*)