金木犀 in 上海

%e4%b8%8a%e6%b5%b7%ef%bc%91

 

 

 

 

 

 

上海は金木犀の香りでいっぱい。

花は日本のようにオレンジでなく、

薄いグリーン

親離れ・子離れ 少しずつ

家族に留守番をお願いして、明日からちょっとばかり出かけてきます。

 

夕飯は自分たちでも何とかなるようですが、問題はお弁当。

朝起きられるかも心配なのに、朝から料理はしてられない!でもコンビニ弁当はイヤ! と、いうわけでいろいろ準備いたしました。

カット野菜数種、カット野菜と肉の組み合わせ、ゆで野菜。あとは調理済みの唐揚げや黒酢豚、親子丼、肉巻き野菜 等など。これらをそれぞれジッパー袋に詰め、品名や調理法などを貼り付け冷凍。

晩ご飯として食べるのもよし、翌日のお弁当メニューを考えながら解凍準備するのもよし。

そして万が一、寝坊した場合は右下のアルミのお弁当箱登場img_20161013%e5%bc%81%e5%bd%932

おかずを詰めて、お弁当箱ごと凍らせてあるから、出かけるときにタオルにくるんで持って出ると、昼食時には解凍されている。 これがあって助かったわーって言われたから、今回も作ってます。写真に写っているのは作ったうちのほんの一部。

 

たまにだけれど、私がいないとなればそれぞれが何とかしようと家の用事も頑張る。少しずつ親離れ・子離れ(*^_^*)

夢中になれるってすごい

「香川照之の昆虫すごいぜ!」(NHK Eテレ)という番組をみた

普段テレビはほとんど見ないけれど、

「香川照之」「昆虫」その二つに反応し、是非見たいと思った

 

父親の影響で、私も割と昆虫は好き。

香川さんがトノサマバッタを捕まえようと

悪戦苦闘している様子、とても懐かしい光景

子供の頃よく虫取りに行ったな。

 

それよりも、香川さんの虫への情熱、観察力がすばらしく、

また今回の番組企画も、別番組で

「Eテレで昆虫の素晴らしさを伝えたい」

と訴えたのがきっかけだったとか。

番組制作もかなりのこだわりようとも聞いた

 

初めの一歩は「好き」という思い

 

いま私はかさこ塾で

「好きを仕事に」するために学んでいる。

きものが好き!そう思って進めてるけれど、

香川さんの昆虫への情熱(好き)を見て、

私にこれほどのきものへの情熱があるだろうか、

というか、何かに対してこれほどの情熱があるのだろうか、

ちょっと不安になった。

私の心から好きって何なんだろう

ちょうちょの箱 - カルトナージュ

img_20160923%e5%9b%b3%e9%9d%a2%e3%81%a8%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88頼まれていた箱づくり

『絵葉書を入れたい・大好きな蝶の柄・

本体とふたがくっついてるのがよい』

 

カルトナージュとはフランス伝統工芸

カルトン(=厚紙)に製図し、カット、組み立てたのち、

好みの紙や生地を貼る

リボンやタッセルをつけて飾ることも

 

今回は「はがきを入れる」とのことでしたから、 %e8%9d%b6%e7%ae%b1%ef%bc%93

中に入れるものからサイズを割り出して制作

 

もし、このスペースに置きたいということであれば、

そこに置けるサイズを測って外寸割り出し。

 

求める大きさ、好きな色や柄、ほしい形が

ピタリと合う既製品は少ないので、%e8%9d%b6%e7%ae%b1%ef%bc%92

自分で作ると思い通りにできるのが嬉しい(*^_^*)

 

早速今日 お届け。

思ってた以上のものだととても嬉しそうでした。