講演会でお勉強

いつもFacebook投稿を楽しみにしている方

ひきたよしあき先生!

 

今日、本の出版記念講演

「ひきたよしあきの親塾in京都」に

参加してきました🎶

子供たちに

どのように接し

どのように声掛けをしたらよいのか

 

思春期の子供たちに

何が起こっているのか

なぜイライラし、不機嫌なのか

なぜ成長過程に思春期が必要なのか

 

いっぱい褒めるのが良い

いつも褒めてくれる人から叱られると

効き目があるけれど

常に叱るばかりの人がさらに叱っても効果はない

 

褒めようと思っても

褒めるようなところが見つからない?

ならば「いいね」「さすがだね」という

声掛けしてみればどうだろうか

「ありがとう」も言ってますか?

 

 

私の子育ては

ほぼ終盤に差し掛かっており

講演を聞きながら

 

私のやってきたことは

間違ってなかったなと

安心したり

 

ああ、この話を

10年前に聞けてたらなあと

残念に思ったり

 

まだ今からでも遅くない

って言い聞かせたり

 

いやいや子供だけでなく

主人や他人に対しても

この心構えは必要だなと

メモしたり

 

2時間の講演でしたが

沢山の学びをいただけました

「親塾 ~家庭で育てる国語の力」も

半分くらいまで読み

新美南吉の

「ごんぎつね」を

改めて読んでみようと

思ってます

 

親は

子供が生まれた瞬間から

親になりますが

決して完璧なのではありません

親も子も同じ道を進み

親は少しだけ子より前を歩いているだけ

 

そして家庭は

「家」=建物のこと

「庭」=手入れをしないと成り立たないもの

 

つまり「家庭」とはしっかりと手間暇をかけて

作り上げていかないといけないものなんですね

 

親もまだまだ勉強が必要ですね

子供に勉強頑張りなさいと

言うばかりでなく

私ももっともっと頑張ります~(#^^#)

しぐさ美人 京都葵

西村里子

歌舞伎に夢中

南座へ行ってきました💕

 

今年はご縁あって

歌舞伎の観劇は4度目✨

回を重ねるごとに

たのしゅうて、たのしゅうて…

。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

 

今回は顔見世の夜の部

義経千本桜

面かぶり

弁天娘女男白波

三社祭

 

いつものように

イヤホンガイドを借りたんですが

今回は前もって

ちょっと予習をしときました🎶

「歌舞伎の解剖図鑑」

図鑑とある様に

挿絵がふんだんに盛り込まれてて

文章によるテーマ全体の解説

挿絵の横に細部の解説

また手書き文字の解説もあり

温かみがあって読みやすかったです

 

ここで役による

髪型・化粧・衣装・小物の違いや

役の上下関係による立ち位置の違い

 

役によっては

仮の姿、のちに現れる実際の姿を

演じ分けられることなども理解

 

そして観劇の前に

番付を購入して

解説を先に読んどきました

 

これまでは

ストーリーを追うのと

衣装などを楽しむくらいやったんですが

 

今回は

役者さんの表情や

衣装や大道具小道具の

意味や暗示なども分かってきて

 

もう舞台に目が釘付け!

瞬きするのも惜しいくらい

夢中で見てました(#^^#)

 

そして何よりも

今回は特に女形さんの

ふとしたしぐさや

立ち居振る舞いに

うっとり

 

例えば扇子であおぐ場面

扇子を持つ手は

親指を内側に

残りの4本指を外側に👀

 

そうそうこれこれ!

私はしぐさ美人のレッスンを受けるまでは

扇子を持つとき

親指を外にして持ってたんですよ

 

でもより手を美しく見せるには

そして袖の中に風を通すには

親指を内側にして

ゆったりあおぐといいんです

 

舞台上の愛之助さんの

(早瀬主水娘実は弁天小僧菊之助)

そのしぐさを見つけた時

わっ これこれ~✨って

一人 にやけてしまいました(#^^#)

 

もちろん他にもいっぱいあったのですが

女形さんは本当にすごいですよね

 

40代~60代或いはもっと上の

体格もそこそこしっかりしたはる

まあいえば「おっちゃん」が

 

舞台の上では

ほんま可愛らしい

奥さんやったり

娘さんやったり

 

秀太郎さんが演じはる

若奥さん💕

目が離せませんでした

 

昔、大女優の山田五十鈴さんが

女形さんの振る舞いを見るのは

とても勉強になると

言ってはったそうですが

 

研究に研究を重ねてこられた

技なんですね

 

10年ほど前に

歌舞伎を見に行ったときは

途中で寝そうになってましたが

今ではすっかり夢中です~💖💖

しぐさ美人 京都葵

西村里子

爪もみ ~リラックス&コミュニケーション

夜、なかなか寝付けない

ということはありますか?

 

私はたいてい布団に入ると

すぐ寝てしまうのですが

家族は必ずしもそうとは限りません

 

仕事に追われ

緊張感が取れない

 

受験勉強中で

寝つけない

 

そんな時

爪もみをしてあげます

 

手の指の付け根を

私の親指と人差し指を使って

上下にぎゅーっ

左右にぎゅーっ

 

左右どちらの手も

薬指以外の4本

それぞれ3~5秒ずつくらい

圧迫します

 

爪の付け根あたりには

自律神経を整えるツボがあり

圧迫すると副交感神経が優位になり

リラックスできるんだそうです

 

ただし先ほども言ったように

薬指は避けてくださいね

ここのツボは

交感神経を優位にするからです

 

さて、うちの家族

右の手、左の手

4本の指を

上下左右に

爪もみを

2セットくらいすると

たいてい寝落ちてしまいます

 

それでもまだ眠れないときは

指と指の間

水かき?の部分を圧迫します

これは4か所ともOK!

 

これらを何セットかしているうちに

必ず寝てしまうのです

 

話を聞きながら

爪もみしてあげると

気分的にも落ち着くようですよ

 

欧米人は家族同士で

ハグしたり

声をかけるときに肩に触れたりと

スキンシップが多いですね!

 

そしてその何気ない触れ合いは

何だかほっとするもの( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

 

かたや日本人は

子供もある程度の年齢になると

親にくっついてくることもなくなり

一緒にいてもスマホを触ってたりで

何を聞いても生返事(^^;)

 

親がくっついていくと

嫌がって逃げますが

指くらいいいじゃないっていえば

OKしてくれるんじゃないかな( *´艸`)

 

ご主人に

お子さんに

是非、

爪もみをして差し上げてください

 

あ、してあげる方も

実は結構リラックスできますよ

先に私が

寝落ちてしまうこともありまーす(#^^#)

しぐさ美人 京都葵

西村里子

再訪 懐かしのタルトタタン

友人とロームシアターへ行った後

暖かいものが飲みたいねーとなり

カフェをさがすことに

 

そしてふと思い出した

一度だけ行ったことがある

タルトタタンのお店

この辺りのはずよねと

行ってみることに

 

当時おばあちゃまが

手間暇かけて大事に作られていた

タルトタタン

 

ろくに味わうことなく

おしゃべり夢中で食べてると

怒られるって噂もあった

 

あれから二十余年…

周りはどんどん様変わりしているけれど

さてあるかしら…

 

もうおばあちゃまはいらっしゃらないけれど

お孫さんが継がれているのか

若いお嬢さんがお店をされていた

 

当時のままの

ゆったりと時間が流れているような

素敵な空間

 

口の中でとろけるような

余計なものを加えていない

懐かしい優しい味( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

 

独身の頃に好きだったお店に

ふと懐かしく訪れるときもあるけれど

 

お店のつくりや調度品はそのままなのに

経営者が代変わりして

何だか落ち着かなくなった店や

メニューがすっかり変わったお店

無くなってしまったものも多々あるなか

 

今日のお店は

昔と変わらず

静かにゆっくりと

時が流れているようでした

 

心安らぐ、ほっとできる空間

友人ともゆっくり話せ

今日も幸せ💕

 

しぐさ美人 京都葵

西村里子

寒い日にこそ肩甲骨を!

ついこの前は20度越えという

汗ばむ暖かさだったのに

ぐーんと冷え込み

京都は最低気温2度、最高気温11度

暖房で部屋を暖めても

廊下に出たり

外に出たらひゃ~と⛄

 

体の中から温めないと

ますます筋肉が縮こまって

肩も背中も腰も

こりこりになりそうですね💦

 

レッスンでは身体や腕を

しなやかに動かすことが

主たる目的なのですが

 

こんな寒い時には

さらにいいことがありますよ(*^^)v

さあ、✨肩甲骨✨を動かしましょう!

 

肩甲骨周りの筋肉を動かすと

代謝が良くなり

体がポカポカしてくるんです( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

 

コリがほぐれ

体が楽になり

そして流れるような

しなやかで美しい動きができる💕

いいことずくめです~

 

では肩甲骨を実際に動かしてみましょう♪

 

まずは上から下へ

イメージとしては

背泳をしている感じ

 

でも手や腕は回さず

下にぶら~んと

おろしたままで大丈夫

 

意識を肩甲骨に向け

右、左、右、左と

丁寧に動かしてくださいね。

レッスンで

肩甲骨を動かしましょう!というと

肩を回される方がいらっしゃいます

 

肩は持ち上げませんよ☝

どちらかというと

肩を後ろへ押し出し

そこから下げる感じです

 

上から下へと動かせたなら

今度は肩甲骨を

下から上へと動かしましょう(^^)/

 

クロールで泳いでいる感じです

ここでもやはり

肩は持ち上げません

 

右の肩甲骨を下から

(その時肩は少し下がるかな)

上へ動かして

肩がいつもの位置に戻ってきたら

それ以上は持ち上げず

左を同様に動かします

 

最初はちゃんと

動かせているかどうかわからなくても

意識を肩甲骨に向けるだけで

大丈夫です

 

どうですか?

体がぽかぽかしてきましたか?

毎日少しずつ動かしてみてくださいね(^^♪

しぐさ美人 京都葵

西村里子