形じゃなく… もう一つ先の美しさへ 

体験に来てくださった方の感想の中には、

『思っていたようなレッスンではなかった』

という言葉が時々見られます。

その意味として、

「レッスン内容が意外であり、斬新でありそして楽しめた」という場合と、

「レッスン内容が思っていたのと違い、残念だった」という場合がありました。

 

前者は【しぐさ美人】で行っている内容を理解してくださっている方。

そして後者は「しぐさ」のレッスンだから

「ポーズ」や「形」を習えると思って来てくださった方です。

 

私のブログでの紹介の仕方、説明が不十分なのかもしれません。

振る舞いを美しくするために、

呼吸や筋肉のほぐし方・動かし方・鍛え方などを教える教室は

【しぐさ美人】より他にはないでしょうから、

レッスン内容の想像がしにくいのでしょうね。

残念だったと思われた方には申し訳ないことでした。

 

改めて、レッスン内容をご紹介しましょう。

想像しやすいように具体例を挙げますね。

座ってのご挨拶です。

 

正座しているところからお辞儀をして

体をもとの位置に戻しましょう。

 

体の動きとしては、

太ももに置いている手を左右におろし、

その手を膝の前に持ってくる。

膝前でそろえた手をほんの少し膝上へ上げたのち、

上体を前へ倒しながら

そろえた左右の手は畳の上を前方へと滑らせていく

上体を前にしっかり倒した時、一瞬止まる

次に上体を起こしながら両手を畳の上を滑らすように引き寄せ

膝を通って太ももあたりまで持ってきて軽く組む。

 

美しい形としては、

*両手を膝でそろえた時、小指が離れていない

*上体を前へ倒し切った時、

頭→上体→腰に一本の軸がまっすぐ通っている

左右の手は、人差し指と親指で三角形を作る

鼻が三角形のところにくる

左右の腕は肘を張らずに円を描くように。

 

「しぐさ」を習いたいとお越しいただいたりお問い合わせくださる方の中には

このような「動き」や「形」を習えると思われているようです。

【しぐさ美人】で追求しているのはそのもう一つ先なんです。

 

 

 

 

 

 

 

先ほどの「動き」ができて、「形」が格好良くピタリと決まったとしても、

滑らかな動きでなくては美しくないでしょう?

直線的でなく波打つような動き、

だらだらと続くのではなく、

緩急ついた、ちょっとした間(ま)のとれた動き、

これらを含んだしぐさこそが美しいと思うのです

 

ですから先ほどの「動き」の中で

太ももに置いている手を左右におろすときは

→上体に力が入っていません

その手を膝の前に持ってくるときは

→肩や腕の力ではなく、肩甲骨で腕を動かします

上体を前へ倒すとき

→頭だけが下がらないように、

上体がピンとまっすぐ、直線的ではなく、

下腹から徐々に波が押し寄せてくるように上体を倒していきます

そして上体を起こすときは

→腰から背中、肩、頭へと波が引いていくように起こしていきます

更にこの一連の動作には呼吸のリズムが伴います。

これらの身体の使い方や呼吸をしっかり体に覚えさせるために

練習の時はオーバーアクションで練習します。

 

そして…

実際のご挨拶の場面では、

これら体の使い方や呼吸のことはすべて忘れ、

心を相手へと向けます。

そうすれば雰囲気のある、美しい挨拶になるのです。

 

 

【しぐさ美人】では和装での流れるような滑らかな動き、

佇まいが美しくあるためのレッスンをいたします。

体をほぐしたり、軸を整えたり、

呼吸法そして呼吸と共に動けるような練習、

使っていない筋肉を目覚めさせたりしております。

 

そしてそれらを踏まえたうえで動きへと繋がっていきます

練習の時の動きはオーバーアクション、

傍で見ていたらちょっと笑えちゃいます(^^♪

 

私もまだまだ日々精進。

動きの中での、もう一つ先の美しさを求めていきたいと思っております。

 

体験レッスンご感想 -4月

今日は体験レッスンに来てくださった方々の感想をご紹介しますね。

 

しぐさ美人 京都葵教室を知ったきっかけは何でしたか?

→Facebook、ブログ

 

レッスン受講前のお悩みや、受講してみようと思われたきっかけは何でしたか?

→ 姿勢・所作に自信がなかったので R様

→ 着物を着ても洋服の時と同じ動作であると注意を受けたことがあった。

何が悪いのかが分からず、和装らしい振る舞いをしたいと思ったから。 E様

→ 着物を着る機会が多いので美しいしぐさを身に付けたい T様

 

レッスンを受講されて良かったこと・感想など

→ お辞儀の仕方や、立ち上がるときの筋肉の使い方を知ることができて良かった  R様

→ 自分がこれまで学んできた呼吸法やヨガ、解剖学が和装のしぐさに活かせると分かった。これまで歩んできた道を肯定できると嬉しくなった E様

→ 体の重心をセンターに置く大切さを知りました T様

 

講師の印象を聞かせてください

→ 明るく気さくな方 T様

→ 笑顔にほっとさせられました。

気さくな方で、とてもリラックスして受講できました。 E様

→ 写真の印象より、実際会ってみると声や話し方がとても若くてかわいらしくて、年齢を聞いてとても驚きました。
しぐさ美人の教室をはじめるまでのきっかけや経緯がわかりやすく、素敵だと思いました。 R様

 

 

 

 

 

 

 

アンケートにお答えくださった皆様、ありがとうございました。

体験レッスン 一番初めにすることは…

「え~ なんだか後ろへ倒れるような感じです」

「正しい姿勢って思ってたより後ろだわ👀」

今日体験レッスンに来られた方の感想第一声。

 

体験レッスンに来てくださると必ず初めにすることがあります。

それは…  姿勢チェック!

 

なぜだと思いますか?

正しい姿勢で優雅に振る舞うと美しいですよね。

もし、身体が歪んでいたら… ?

 

想像してみてください。

体を大きく左へ傾けた状態で

優雅に振る舞ってみる。

なんだかぎこちなくなりませんか?

 

貴女は足を組みますか?

立っているときにどちらか一方に体重をかけていませんか?

かばんを肩にかけるとき、どちらにかけますか?

 

毎日の何気ない動作やクセにより

体の軸は多かれ少なかれズレていることが多いです。

軸を正してあげないと、

流れるような美しい振る舞いは難しいですよね。

 

しぐさ美人メソッドでは

体のずれに気づく、軸をただし姿勢を正すところから始まります❣

体験レッスン報告

先日、ハッピーフォトクリエーターの青山 智圭子さんと着付け講師の堤千草さんが体験レッスン&撮影にお越しくださいました。

実は堤さんは初対面。青山さんのお知り合いということで、撮影モデルをお願いしたいのと、レッスンを体験していただきたくてお越しいただきました。

堤さんは着付け講師をされているだけあって着物を着ての所2016.0720横左 - 小作はスムーズに。ただ、着慣れていて無意識にできることと 体の動きや筋肉の使い方などを理解することは別物。私の説明をナルホドという感じでうなずきながら熱心に耳を傾けレッスンを受けてくださってました。

 

右が堤千草さん

ご感想  『日常的に着物を着て過ごしています。日頃から着物での動作を意識していますが、改めて立ち座りや、歩き方などの着物を着た時の身体の動かし方や軸の説明をレッスンでしていただくことで、なるほどそういう風に動かすのかと思ったり、自分の主宰している着付け教室の生徒さんに教えることができるなと思いました。今日はありがとうございました。』

 

青山さんはご自身では着物を着ることがないとおっしゃってましたが、姿勢や呼吸法など着物にかかわらず役に立つ内容もあり、また着物姿の撮影時に役立つとレッスンを楽しんでくださいました。

- ご感想  『肩甲骨がこんなに硬くなってるとびっくりしました。足の後ろの筋肉がないので鍛えなければと実感しました。ちょっとした立ち方などで印象が変わりますね。』

 

しぐさ美人メソッドとは佐竹先生が考案された、歌舞伎の女形の美しいしぐさの極意が詰まったメソッド。着物初心者さんから着付けの先生や呉服店の方など、着物を着慣れている方まで、わかりやすく短期間で美しいしぐさを身につけることができます。

京都で体験レッスンを受付中です。お問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込み

 

 

ところで堤さんは着付けのプロ。帯揚げ処理の苦手な私ですが、当日もしっかりチェックはいっていたようで💦 後日ポイントレッスンできますよ~(^_-)-☆って言っていただきました。辞めた着付け教室に戻っても次のカリキュラムに進むだけだし、苦手なところを集中的に習えるのってうれしい♡

 

 

 

 

2016.0720縦向合う - 小

着付け講師堤千草さんのブログはこちら

http://ameblo.jp/kimono-tamayori/

写真撮影してくださった青山智圭子さんのブログはこちら

http://s.ameblo.jp/kyorokero0630/

 

吸って~吐いて~  リズム良い呼吸法

今日もおひとり体験レッスンに来てくださいました。歯科衛生士のM様。前のめりの姿勢が多いのが気になるご様子。

 

『最初に壁に沿って立ってみて、いかに自分が猫背になっているか確認できました。レッスンでマッサージしたり肩甲骨をしっかり動かした後、もう一度壁に沿って立ってみると、今度は正しい姿勢になりやすく、初めとは明らかな違いが分かりました。普段肩甲骨を動かせていないということですね。

丹田を意識した呼吸法をしっかりマスターすることで、肩甲骨を動かしたり美しいしぐさをしやすくなることが分かりました。体がポカポカ、いつも冷たい指先も温かく、血流が良くなった感じがします。

着物を着るとちょっと緊張気味になりますが、今日のレッスンで習ったことを少しづつし続けると、体がほぐれ、着物でも動きやすくなりそう。次回のお出かけが楽しみです! いつもお世話になってる呉服店の奥様にもご紹介したいと思いました。』

 

なかなか運動したり意識して体を動かすことがないんです とおっしゃってた通り、最初は肩甲骨を後ろに引き寄せるのも難しそうでしたが、無理せず少しずつ体をほぐしていきました。「吸って~吐いて~吐いて~吐いて~」リズムよく、丹田を意識してしっかり息を吐くと自然と体の力が抜けます。余計な箇所に力を入れないのも美しいしぐさのポイントです。