藍染め 学びと体験💕

阿波踊りの翌日は藍住町歴史館・藍の館へ行ってきました。

 

この博物館は大藍商旧奥村家屋敷がそのまま保存されており、

現在は藍の専門博物館として見学、藍染め体験したり

藍染について学ぶこともできるんです。

私も藍染体験してきました🎶

 

私が選んだのはストール❣

輪ゴムで縛って絞りの模様に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藍の液に1分間漬け、

取り出して絞ったら広げて1分間

これを好みで数回繰り返し

(私はやや薄めの色に仕上げたかったので2回)

後はしっかり水で洗って干します

 

藍の液に漬けただけでは青くならず、

ポイントは空気に触れさせ酸化させることなんだそう

 

 

 

 

 

染め体験はとっても簡単、20分程度でできました

そして庭で干している間に藍の博物館でお勉強!

 

藍染めには藍の葉を使います

美しい藍染めの為には質の良い藍の葉を育てなければなりません

そして収穫した後も、寝かせたり発酵させたり。

 

 

 

 

 

自然が相手ですから、

同じ品質・コンディションのものが収穫できるとは限らず、

発酵させ液を作るための作業もしかり。

しかしながらそれらを踏まえ、

一定の品質の藍染液に作っていかねばなりません。

 

 

 

 

 

美しいものを作るためには手間暇をかけ、

また技術も必要とし、それを伝えていかなければなりませんよね。

 

見学している間にすっかり乾きました(^^♪

イメージ通りの素敵なストールの出来上がり✨

大満足です~٩(♥╹◡╹♥)۶

 

 

 

 

 

徳島へ行かれるならば、ぜひおすすめですよ

 

阿波踊り

1泊2日で徳島へ行ってきました。

今回のテーマは『阿波踊り』『海鮮』『藍染め』

 

徳島入りしたのは阿波踊り最終日。

これまではそれほど興味がなかったので、

TVなどでチラッとしか見たことがなく、

もちろん生で見るのは初めてです。

 

「連」と呼ばれるたくさんのチームがあり、

それぞれに着物の柄や踊り方にも特徴が。

「有名連」の中には70年もの歴史があるものも❣

 

踊り手さんたちが一斉に、

身体の向きや手の角度まで同じかと思うほど

きれいに揃って踊るのは迫力あって美しく、

 

また踊りの振りは同じだけれど

踊り手それぞれが楽しそうに踊っているのも

各個性が光っていて面白い

 

なんといっても可愛いのはちびっこちゃん達🎶

歩くのが精一杯の子もいれば、

大人顔負けのかっこいい踊りを披露する子も

スマホ撮影では動きについていけず… 顔が見えずちょうどいいかな(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてHITACHIや富士通、森永… 等 企業の社員さんたちも

会社の連を作り有名連のメンバーに補佐してもらいながら参加も。

野々村真氏やタージン氏、STU48からも数名 企業の連に参加。

盛り上げに一役買ってはりました

 

それぞれの連の個性を見るのも楽しかったのですが、

私が何よりも楽しめたのは

キラリ✨と光る踊り手さん達を見つけること

 

観客よりも もしかしたら多い?と思われるほど多数の踊り手

何十年も踊り続けておられる方から、

社員として参加されたようなごく素人さんまでいろいろ

大人でも子供でも、美しい踊りはすぐに目に留まります

 

何が違うのでしょう?

 

リズム感があって

手の表情・指先までしなやか、

笑顔いっぱいに心から楽しんでいる様子が感じられると

自然と目に留まりますね

 

でも、なんといっても「体の軸」でしょうか。

何も体は棒のように一直線ではありません

やや腰を落とす女踊りでも

深くかがむような男踊りをされていても

軸がずれていなくて、きちっと整っているのが見えると

やはり踊る姿は美しいです💕

 

 

 

 

 

こんなところでも、

しぐさ美人メソッドのおかげ⁉

人並以上の楽しみ方ができました

 

また来年も行きたいな

見れば見るほど味わい深い楽しみ方が見つかると思うんです( ´・◡・`♥)

 

残り二つのテーマについては

また後日に٩( ´◡` )۶

『月の満ち欠け』

今日は家でゆっくり過ごしてました。

 

正確に言うと、昨日も家にいて

書類作りや今後の方向性の検討等々

頭を悩ましていたのですが、

今日は現実逃避をしたくなり(笑)

家でゆっくり本を読みながら過ごしました。

 

『月の満ち欠け』 直木賞受賞作だそうです。

正直なところ、私はベストセラーだとか

○○賞受賞作っていうのは興味ないんですが

家族が読め読めと… 読んだか?と聞くので

とりあえず手に取ってみました。

 

うふふっ(✿╹◡╹)

しっかりハート掴まれました

読みながら…気になることがいっぱい

なんで? え?これに関することはもう言わずに次に行っちゃうの?って感じ

 

テーマとなっている輪廻転生については

私自身は信じてるわけではないし、

かといってあり得ないと完全否定するつもりもない

生まれ変わりがあっても不思議では無いかな、

でも生まれ変わって、

また一から人生始めるのは遠慮したいなって感じです。

 

物語の3分の2くらいまでは夢中で読みました。

どんどん引き込まれていくし、

でも『瑠璃』さんを中心にいろいろな人物が出てくるから

誰がどう繋がってるんだったか確認しながらでないと分かんなくなって、

物語に集中できず…

最後の方はちょっとくたびれてねむたくなりました(。>﹏<。)

 

 

 

 

 

 

ラストは良かったです♡ ハイ

物語としても、もし映画になったとしてもあのラストシーンで終わる

映像として美しい感動的なシーンで終われますね。

 

そのあとのことは想像したくない感じです(笑)

物語だからこそ美しい場面で終われるんですね。

 

受賞作というだけあって、やはり人を引き付けるものがあるのでしょうか。

久しぶりに夢中で読みました。

感動!というほどではなかったのですが、

興味深く、楽しく読めましたよ(^^)

爽やかな風 貴女にも届きますよう!

雨上がりの今朝、

キッチンの小窓を開けてたら

爽やかな風がふんわりと✨

 

ん?ミントの香りやわ(♥╹◡╹♥)

見ると先日の雨続きで

庭の一角がミント畑に!

アップルミントと 右手前はキャンディーミントかなぁ… 右奥にはローリエが見えてますね

 

 

 

 

 

 

 

 

ミントは一度地植えしてしもたら、

抜いても抜いても

すぐ生えてくるんです(^^)/

 

早速収穫してミントティ💕

新芽のところを使って

ミント入りの氷も作っとこ🎶

 

虫食いのある葉っぱや

大きく育ちすぎた葉っぱは

さっと洗って乾かしておく

それを部屋にまき散らし…

30分ほど置いてから掃除機をかけま~す !(^^)!

部屋中に爽やかな香りで満ち溢れ、

絨毯や畳に潜り込んでるかもしれない困った虫たちも

ミントを嫌がって這い出して来るかもね!

 

さ、もすこしミントティ飲んで

また続きを頑張りまひょか(^^)/

 

貴女も爽やかな一日をお過ごしください。

 

 

 

 

手描き友禅染色体験✨

今日は着物仲間と一緒に南進一郎先生の工房へお邪魔してきました。

前から挑戦したかった手描き友禅染色体験!

 

『本友禅』の月替わり柄「紫陽花とカタツムリ」「祇園祭」「風鈴」や

当日持ち帰り可能な『金彩友禅』の「手毬」「招き猫」など

いろいろあって悩むところ。

 

来月飾れるようにと祇園祭の柄に決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南先生がデザインされた下絵に糊置きしてあり、

見本を参考にしながら色を差していきます。

糊が防波堤となり隣の枠へ色がにじみ出すことはありません。

 

生地は伸子(しんし)と呼ばれる竹の棒2本でピーンと張り

中央が四角く穴が開いた机の上に置いて

筆で色をのせていきました

 

女子は色塗りが大好きよね💕 楽しいわぁ♪ と

最初のうちはおしゃべりをしていましたが、

そのうちみんな夢中になり、

もくもくと色を差し続けてましたよ٩(✿╹◡╹✿)۶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がったら名前を入れて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあとは、色を定着させるために「蒸し」と糊を取りのぞく「水洗」を

それぞれの工場でしていただきます。

今月中には届くかな!(^^)!

飾るのにぴったりサイズの額も購入できました。

 

7月、うちの玄関に飾る予定です。楽しみだわ(^^♪

季節が変われば、また新たな柄を作りに行こうっと(˘◡˘)~♥