読書の秋

先日の友人とのおしゃべりで、同じ人の本が好きだということが判明。

彼女も私も20代の時に彼女の手紙の本に出合っています。


 

 

 

 

 

 

清川妙さん

もともと国語の教師をされており、その後執筆活動や講演、

カルチャースクールなどで古典に親しむ教室をされてました。

3年前、93歳で亡くなられるまで、たくさんの本を執筆されています。

いろいろなご苦労があったようですが、

彼女の文章は優しく上品で、読んでいて温かく包まれる感じがします。

 

少女のようなチャーミングな心を持ち合わせ

貴婦人のようなエレガントな言動、

53歳で英語学校に通いはじめるという向上心と

65歳でイギリスにひとり旅を敢行されたという冒険心

 

私もこんな風に年を重ねていきたい、

憧れの女性です

 

久しぶりに本棚から出してきたのは

「兼好さんの遺言」

吉田兼好の「徒然草」を

清川さん自身の体験などを織り交ぜながら紹介したエッセイ。

 

ひとり燈火のもとに文をひろげて

見ぬ世の人を友とするぞ、

こよなう慰むわざなる。      - 第十三段

 

学校で古典を習っていた時は、言葉や文法・読解が中心で、

書かれている内容をじっくり味わうというものではなかったように思います。

私はちっとも興味を持てず、何を習ったか、

何を読んだかも記憶が定かではありません💦

 

「見ぬ世の人を友とする」

前にも読んでいたはずなのに、

今回は特にこの言葉が

スーッと私の中に入ってきて、、

非常に新鮮に感じました

 

清川さんの温かくて優しい人柄が現れている文章は、

読んでいて心地よく、

また、兼好法師をご自身の親友を紹介するかのように

丁寧にユーモア交えて書かれています。

 

「私たちの生き方の力強い道しるべとなる、

兼好さんの言葉の花束」

 

清川さんだけでなく

兼好法師とも「友」となりたいと思い、

「徒然草」を手にとり、

少しずつ読み始めました。

 

本の話で盛り上がった友人も、

きっと今頃はまた清川さんの本を手に取り

読み始めているはず

次回会った時、また本の話の続きができると

今から楽しみです🎶

 

今年は読書の秋を楽しもうと思います

 


 

 

 

え? その使い方なんてお洒落なの✨

タイトルの言葉、

一緒にいた友人に何に使うかと問われ

説明した後の彼女が発したひと言

 

私のお気に入りなんです

先日、新たに取り付けました

2か所目です

 

部屋の絨毯の色に合わせ、私が選んだのは

青・緑・黄 色名では伝えきれない優しい色の数々

「楮 天目染」

確か、阿波の和紙だったと思います

こちらの小窓に取り付けました🎶

 

 

 

 

 

 

 

 

和紙を通して入ってくる日差しは

ほんのり優しい光

風に揺られて気持ちよさそう

 

これを購入したのは京都文化博物館内にある

「和紙の店 楽紙館」

 

 

 

 

 

 

 

 

実は私、紙類が大好きでここに足を踏み入れると

1時間くらいあっという間

色んな色の大きな和紙、兜の絵の友禅紙、千代紙、

額に入れて飾ってみたり

ブックカバーを作ったり、

手紙に貼ったり封筒を作っても素敵❣

 

レターセットやポチ袋、

贈る相手の顔を思い浮かべながら(๑◔‿◔๑)

お店のディスプレイを参考に

どこでどう使うか想像するのも楽しい(^^♪

 

全国各地の紙を取り扱っているこちらのお店、

まるでちいさな紙の博物館

ここにもあった和のこころ・伝統を伝え

身近にあるとほっとする嬉しいもの

お勧めです٩(✿╹◡╹✿)۶

 

 

 

 

 

 

 

淡路島!家族連れにもお勧めスポット

🚗徳島旅行 パート3🚗

徳島で阿波踊り・藍染めを満喫した後は

今回旅行の最後のテーマ「海鮮」を求めて淡路島へ

 

向かったのは「大鳴門橋記念館」にある

「絶景レストラン うずの丘」

ここでは美しい景色を満喫でき、

地元淡路島の新鮮な食材を生かしたお料理を堪能できるんです💕

 

淡路牛、えびすもち豚、手延べそば、玉ねぎ、海鮮…

うーん、どれも美味しそう(๑´ڡ`๑)

私が一番食べたかったのが

 

淡路島の絶品 ✨赤ウニ✨

 

だったんですがー(◞‸ლ)

藍染めを満喫しすぎて

レストランに着いたのは既に1時半を過ぎており(^^;

「本日入荷のウニは完売しました」

あああぁ~

 

ま、仕方がないです。気を取り直し、

「海鮮ひつまむし」「淡路島しらすの十八番めし」

をそれぞれ注文

 

 

 

 

 

 

ちらし寿司として、

わさび醤油でお造りとして、

そして薬味と出汁でお茶漬け(⋈◍>◡<◍)。✧♡

どの食べ方もそれぞれ美味しくって

ん~ 最高❣

 

岩屋の生しらす、湊のちりめん山椒、福良の釜揚げしらす

 

 

 

 

 

 

 

 

家族のもちょっと手を伸ばしてつまんじゃいました。

「生しらす」って静岡のイメージでしたが、

こんな近く・淡路島で食べられるなんて幸せ♡

ちりめん山椒の甘い味付けが意外(❍ʻ◡ʻ❍)

 

1F「ショップうずの丘味市場」でお土産を買い、

「淡路島オニオンキッチンうずの丘店」では

おやつ用に「あわじ島バーガー」をテイクアウト

味はもちろん、なかなかのボリューム

写真撮ってなかったなぁ…

 

うずしお科学館や展望台もあってお子さん連れでも楽しめますよ

いやぁ また是非来たいですね。

気候のいい頃、ゆっくり時間をとって

海を眺めていたいです。

もちろん次回こそはウニ💕食べたい

 

藍染め 学びと体験💕

阿波踊りの翌日は藍住町歴史館・藍の館へ行ってきました。

 

この博物館は大藍商旧奥村家屋敷がそのまま保存されており、

現在は藍の専門博物館として見学、藍染め体験したり

藍染について学ぶこともできるんです。

私も藍染体験してきました🎶

 

私が選んだのはストール❣

輪ゴムで縛って絞りの模様に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藍の液に1分間漬け、

取り出して絞ったら広げて1分間

これを好みで数回繰り返し

(私はやや薄めの色に仕上げたかったので2回)

後はしっかり水で洗って干します

 

藍の液に漬けただけでは青くならず、

ポイントは空気に触れさせ酸化させることなんだそう

 

 

 

 

 

染め体験はとっても簡単、20分程度でできました

そして庭で干している間に藍の博物館でお勉強!

 

藍染めには藍の葉を使います

美しい藍染めの為には質の良い藍の葉を育てなければなりません

そして収穫した後も、寝かせたり発酵させたり。

 

 

 

 

 

自然が相手ですから、

同じ品質・コンディションのものが収穫できるとは限らず、

発酵させ液を作るための作業もしかり。

しかしながらそれらを踏まえ、

一定の品質の藍染液に作っていかねばなりません。

 

 

 

 

 

美しいものを作るためには手間暇をかけ、

また技術も必要とし、それを伝えていかなければなりませんよね。

 

見学している間にすっかり乾きました(^^♪

イメージ通りの素敵なストールの出来上がり✨

大満足です~٩(♥╹◡╹♥)۶

 

 

 

 

 

徳島へ行かれるならば、ぜひおすすめですよ

 

阿波踊り

1泊2日で徳島へ行ってきました。

今回のテーマは『阿波踊り』『海鮮』『藍染め』

 

徳島入りしたのは阿波踊り最終日。

これまではそれほど興味がなかったので、

TVなどでチラッとしか見たことがなく、

もちろん生で見るのは初めてです。

 

「連」と呼ばれるたくさんのチームがあり、

それぞれに着物の柄や踊り方にも特徴が。

「有名連」の中には70年もの歴史があるものも❣

 

踊り手さんたちが一斉に、

身体の向きや手の角度まで同じかと思うほど

きれいに揃って踊るのは迫力あって美しく、

 

また踊りの振りは同じだけれど

踊り手それぞれが楽しそうに踊っているのも

各個性が光っていて面白い

 

なんといっても可愛いのはちびっこちゃん達🎶

歩くのが精一杯の子もいれば、

大人顔負けのかっこいい踊りを披露する子も

スマホ撮影では動きについていけず… 顔が見えずちょうどいいかな(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてHITACHIや富士通、森永… 等 企業の社員さんたちも

会社の連を作り有名連のメンバーに補佐してもらいながら参加も。

野々村真氏やタージン氏、STU48からも数名 企業の連に参加。

盛り上げに一役買ってはりました

 

それぞれの連の個性を見るのも楽しかったのですが、

私が何よりも楽しめたのは

キラリ✨と光る踊り手さん達を見つけること

 

観客よりも もしかしたら多い?と思われるほど多数の踊り手

何十年も踊り続けておられる方から、

社員として参加されたようなごく素人さんまでいろいろ

大人でも子供でも、美しい踊りはすぐに目に留まります

 

何が違うのでしょう?

 

リズム感があって

手の表情・指先までしなやか、

笑顔いっぱいに心から楽しんでいる様子が感じられると

自然と目に留まりますね

 

でも、なんといっても「体の軸」でしょうか。

何も体は棒のように一直線ではありません

やや腰を落とす女踊りでも

深くかがむような男踊りをされていても

軸がずれていなくて、きちっと整っているのが見えると

やはり踊る姿は美しいです💕

 

 

 

 

 

こんなところでも、

しぐさ美人メソッドのおかげ⁉

人並以上の楽しみ方ができました

 

また来年も行きたいな

見れば見るほど味わい深い楽しみ方が見つかると思うんです( ´・◡・`♥)

 

残り二つのテーマについては

また後日に٩( ´◡` )۶