草履のはなし

草履ってよく考えてありますよね。

だって同じ形❣ 左右どちらに履いても良いのだもの!

 

靴だったら足に合わせて左右の形が違うから、

逆に履くことはできないし、

運動靴のように同じような形であっても

やはり逆に履けば心地悪い(>_<)

いつも同じ方の足で同じ靴を履くから

歩き方の癖ですり減るところが決まってきますよね

 

 

 

 

 

 

そのてん、草履は左右同じ形。

時々左右をわざと逆に履いておくと

草履の裏の傷みのペースがゆっくりとなるでしょう?

だから私は色無地の草履、片付ける時に左右を交換しておきます

 

でも草履に模様が入っているとき、

左右対称に模様が入っているからこの場合は仕方がないなと

左右を入れ替えずにいつも同じに履いていたんです。

 

そしたらなんと!

柄を気にせず左右入れ替えて履けばいいじゃない?

って言われちゃいました。

誰が言ったかって?  …草履屋さんです。

 

先日母が、足に合わせて挿げてくれる履物屋さんで買いたいと申すので

お供してきました

鼻緒をすげながら、いろんな楽しい話をして下さって

その中で左右を入れ替えて履く話になったんです

 

― いつもは入れ替えて履くようにしてるのですが、

柄が入ってるのはどうしても左右が決まってしまうから…

すり減る箇所が決まってくるのですよ

* 柄が入っててどう不都合?

― だって脱いだ時、逆さま履いていたらみっともないでしょ?

* 脱がなかったら誰もわからないよ。

それに脱いだ時すぐに入れ替えたらいいじゃない!

 

確かに!

天(足を載せる面)の柄は

履いているときは隠れてしまいますよね。

どこかへ上がるから草履を脱ぐと分かってる日は

左右正しく履き、脱がない日は逆に履く。

急に脱ぐことになってもすぐに入れ替えれば問題なし。

草履を長く大切に履く為ならそれくらいはなんてことない。

 

鼻緒に模様が入ってるときも、TPOに合わせて入れ替えちゃおうかな(#^.^#)

 

そしてそして…

草履を大切に履く為にも

『草履での歩き方』の実践をお勧めしますヾ(❀╹◡╹)ノ゙

↓ こちらで紹介してますよ

「草履を履いて美しく歩けますか?」

 

【SBMしぐさ美人】メソッドでは

靴と草履での歩き方の違いはもちろん、

美しい歩き方、

美しく振る舞うための身体の使い方をレッスンしております♡

台湾 ラクに楽しく観光するなら!

台湾へ行ってきました。

義母も一緒に親子3世代。

 

心掛けたのは

「みんなで楽しむ」

「疲れすぎない」

義母の体力も考慮しないとね(^_-)-☆

 

そんな訳で観光地へは

ドライバーガイドさんをお願いし、

タクシーにて十分・九份へ行ってきました。

 

 

 

 

ドライバーガイドさんの申し込みは

ネットで好評の陳韋良さんへFacebookを通じて連絡、

既にお客様の予約が入っていたので

親友の李(エレン)さんを紹介くれました。

 

日本語を話せ、親切で、フットワークも軽い!

車は個人で所有しているそうで、

とてもきれいに手入れされてましたよ。

李さんの運転はとてもスムーズで快適♡

心配していた山道での車酔いも全く無し。

いろいろな事にも詳しく、解説も楽しく聞きながら観光できました。

 

小籠包やデザートが食べたいと伝えれば

お勧めのお店へ連れて行ってもらえ、

観光地では撮影スポットを教えてもらえる。

 

こんなお菓子を探していると写真を見せると

知り合いを通じて探してくれて、

無事購入できました♡

かなりマイナーなお菓子で名前などの情報なかったし、

お店は地元の懐かしいお菓子屋さんみたいなので

とても自分では探せなかったわ~💦

 

ツアーと違い、時間に拘束されないので

自分たちの行きたい場所だけ、

そして気に入ればそこでゆっくりと過ごせる。

何よりも歩く距離を最短で済ませることができたので

義母にとってもありがたかったです。

 

8時間お願いしてもリーズナブルなお値段。

数名で台湾へ行かれるなら

ドライバーガイドさんお願いしての観光がおすすめです。

 

陳韋良さんへ問い合わせてみてください。

ご本人が無理でも、李さんのような

いいドライバーさんを紹介していただけますよ!

 

 

 

お気に入り BGM

貴女は家で作業するときにBGMをかけますか?

 

単調な作業、

夕方くたびれた時の夕飯支度、

テンポよく、ちょっと元気も出るように

私はボサノバやイージーリスニングジャズをかけます

 

体が疲れていたり、

気にかかることがある、

なんだか気がのらないけれどはやく片付けてしまいたい作業

軽快な音楽に乗って手を動かしているうちに

重い体も自然と動いていく

ペースができれば音楽が耳に入らなくなることもあるけれど

耳は雑音より音楽に反応しているから良しとしよう

 

自分の心の状態や、体調、どんな作業をするかによって

無意識に別のジャンルの音楽を選んでいる

 

’80年代 ’90年代の洋楽、 ピアノ曲、 バイオリン曲、

映画音楽、ミュージカル、オールディーズも好き

 

でもたいていの曲は聞きおぼえだから

誰のなんていう曲かは分からない

だからおしゃべりしてるときに

私はこの人のこの曲が好きって

伝えられないのがもどかしいです💦