階段や坂で心掛けたいこと

昨日は家族と貴船・鞍馬を散策してきました。

 

 

 

 

 

 

晴れたり曇ったり、散策にはちょうど良い天気

ここはずいぶん涼しく、長袖を着ていてちょうど良いくらい

緑がとても美しかったです。

 

さて、貴船も鞍馬も京都市内とは言え

街からかなり離れた山の中

坂や階段が多いです。

今回はたくさん歩くつもりで洋服で来ましたが、

歩き方はきものの時の歩き方で…

 

「きものの歩き方」なんていうと

内またで歩いてる👀 って想像してませんか?

「脚の後ろの筋肉を意識して歩く」ですよ~ ٩(๑>◡<๑)۶

 

お尻をキュッと引き締めながら、

動かさない方の脚にしっかり体重を乗せ、

反対側の足を一歩踏み出す。

踏み出した足をしっかり地面につけてから

そちらの脚に体重(重心)移動し、

今度は後ろに残った足を前に出す。

 

更に❣

階段や坂を下りるときは

前(下)へ踏み出す足は、

卵の上に足を載せるようにそ~っと置きます

 

道に卵は落ちてませんし、

わざわざ踏むようなことはいたしませんが(((╹д╹;)))

卵をつぶさないくらい「そ~ろと」足を置くわけです

 

そしてそのためには

体重(重心)をかける方の後ろの脚にしっかり乗って、

その足を曲げながら、前に出した足を一段下へ着地させる

一段下へしっかりと着地させないうちは

体重を前の足に移動しません!!

↑ここ大事なポイント

 

下へおろした足を着地しないうちから

体重移動してしまうと

着地するときにドンと膝に衝撃がきます

ドン ドン ドン と膝に負担をかけながら

くだっていくから

そのうちに膝が笑いだすんです(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

下へおろす足はそ~ろと着地!

そうすれば膝に負担もかからないでしょ。

 

 

 

 

 

 

普段の生活でも坂や階段はありますよね。

膝に負担をかけない歩き方、

お試しください٩(✿╹◡╹✿)۶

より美しく♡ 撮影会でのしぐさ美人

しぐさ美人が集まった撮影会はとても華やかで

眺めてみているだけでも

心がワクワクしてきます

 

 

 

 

 

 

皆さん、次々とポーズをとっていかれます

とっても美しい♡ と思うのですが、

佐竹先生のちょっとしたご指導が入ると

その方の良さが引き出され、

ますます輝かれます✨

そして自信につながり

本物の輝きになっていくのですね♡

 

私がポーズをとって撮影してもらう時は

美しい立ち姿をイメージしながら

こんな感じかな?とポーズをとってみます

そうすれば、カメラマンに対する体の向きや

手の添え方、視線などをアドバイスいただいて

さあ、どんなふうに撮れているのでしょうか

出来上がりが楽しみです。

 

自分の立ち姿がどんな風だか

自身では見られませんよね

でも撮影会では

たくさんのしぐさ美人がいらっしゃるので

皆さんのふとしたしぐさ、表情、などを見ることにより

とても勉強になりますよ

 

皆さんの美しい姿をしっかり瞼に焼き付け

私もさらにしぐさ美人を増やすお手伝い、

頑張ります(^^)/

あなたのお悩みは何ですか?

きものでお出かけされるあなた、

お悩みは何ですか?

 

着物を自分で着られるようになり、

着物でのお出かけが楽しくて仕方がない。

初めのうちはコーディネートが楽しくて、

着物と帯、小物類、

あれこれ組み合せてみては

これでいい? 変じゃない?

この着物にこの帯合わせて大丈夫?

色、柄、季節、格、素材など

組み合わせにあれこれ頭を悩ませますよね。

 

でもそれが楽しくって、

次はこちらの組み合わせをしてみよう、

こちらの小物を使うのもいいかも

わくわくが止まりませんでした。

以前は、とにかくコーディネートしたものを

身に付けて出かけることが目的でしたから、

それで十分満足だったんです(^^♪

 

でもだんだん着慣れてくると、

今度は素敵にコーディネートした

きものや帯などではなくて、

それを身にまとった私自身が

美しくありたいと思うようになりました。

 

そんな時に出会った【SBMしぐさ美人メソッド】✨

 

ではここで、

しぐさ美人メソッドを始めて良かったこと

ベスト3の発表です!

 

第三位は…
背中の贅肉が落ちて、スッキリした事☆.。.:*・゜

 

5年ほど前に気づいた背中の贅肉、

これは取れないだろうなと諦めていたのですが、

しぐさ美人のレッスンで肩甲骨をしっかり動かしているうちに、

いつの間にかスッキリしていました(^^)/

 

第二位は…
首が伸びたこと٩( ´◡` )۶

 

私は顔が丸く、

しかも秋から冬にかけて体重の増加と共に

ほっぺからあごへのラインがとってもふくよかに(^^;)

すらりとした面長の人の方が

着物が似合うように思えて羨ましかったんです。

 

でも今はきものからすーっと首が伸びて

その上に顔があるので丸顔が気にならなくなったんです!

 

えっ、首って伸びるんですか~?

 

正確に言うと、首が伸びたのではなく、

肩が下がったんです❣

 

緊張したり体の癖で、肩まわりに力が入りやすく、

肩こりが酷かったんです。

また重い荷物も平気で持って歩いていたんですが、

実は肩にかなりの負担が💦

 

これも肩甲骨を意識して動かす、

荷物を持つのも肩ではなく肩甲骨で…

肩甲骨を意識しだすとどんどん肩が下がってきました。

そして、肩が下がると

縮こまっていた首がすーっと現れました♡

 

さて、しぐさ美人メソッドを始めて良かったこと

第一位は…
✨着物で外出しても疲れなくなったこと✨

 

(あ、もちろん人混みが苦手な私ですから、

街中へ出かけるとそれなりに疲れはしますよ。

ここで言う「疲れない」とは、

きものだからとか洋服以上には疲れないという意味です~)

 

とりあえずきものを着て出かけたい!と思っていたころは、

それだけで嬉しくって、振る舞いなどは気になりませんでした。

でもだんだん周りの人の視線を感じるようになり、

着物はやはりいいね、着物姿がきれいねと思われたいと意識し始め、

そうなると気が張り、姿勢よくしなきゃと体にも力がはいって

家に帰り着いた頃にはくたくたに。

 

【しぐさ美人メソッド】の中で特に私が感動したのは

体の力を抜くレッスンでした。

緊張したり、一所懸命頑張ったり、力をいれることばかりです。

力を抜くことを努力する!

目から鱗…でした。

そしてまた、何よりも手こずったのでした。

 

今はようやく力を入れるべき箇所、抜くべき箇所が分かるようになり、

上半身は力まず柔らかい動きができるようになったと思います。

そして肩まわりの筋肉にも力を入れないから

そんなに疲れることもなくなってきました。

 

朝から着物で遠出して夜に帰ってきたり、

東京へ二泊三日で行った時もずっと着物で過ごしておりましたよ。

 

 

【しぐさ美人メソッド】ではほかにもいいことがたくさんあります。

 

貴女のお悩みは何ですか?

プライベートレッスンですからあなたの悩みに合ったレッスンを

じっくり時間をかけて行うことができます。

あなたの悩みを解決し、より美しい着物姿に、

より優雅で気品ある振る舞いができるよう

お手伝いできると嬉しいです♡

 

視線の先は…

貴女は歩いている時、どこを見ていますか?

忙しいあなた、もしかしたら次の段取りを考えながら

うつむき加減に歩いてはいませんか?

 

下を見て歩いていると、

姿勢が良いあなたでも

気が付けばだんだん前かがみに(^^;)

 

悩みながら歩いていたら

眉間にシワもよってきて

表情も硬くなり

なんだか怖い顔になっているかも

 

そう、以前の私がそうでした💦

ちょっと声かけづらかったと

言われたことがあります

(>_<) 猛省

 

顔を上げ、視線を遠くに持っていきましょう!

遠くで待ってくれているだろう

貴女のいとおしい人のことを想いながら歩きましょう

そうすれば顔も晴れやかに、

背筋も伸びて、

いつもの輝きが戻ってくるはず

 

着物を着ているならなおさら✨

道行く人が振り返るような

輝きが得られることと思いますよ

 

形じゃなく… もう一つ先の美しさへ 

体験に来てくださった方の感想の中には、

『思っていたようなレッスンではなかった』

という言葉が時々見られます。

その意味として、

「レッスン内容が意外であり、斬新でありそして楽しめた」という場合と、

「レッスン内容が思っていたのと違い、残念だった」という場合がありました。

 

前者は【しぐさ美人】で行っている内容を理解してくださっている方。

そして後者は「しぐさ」のレッスンだから

「ポーズ」や「形」を習えると思って来てくださった方です。

 

私のブログでの紹介の仕方、説明が不十分なのかもしれません。

振る舞いを美しくするために、

呼吸や筋肉のほぐし方・動かし方・鍛え方などを教える教室は

【しぐさ美人】より他にはないでしょうから、

レッスン内容の想像がしにくいのでしょうね。

残念だったと思われた方には申し訳ないことでした。

 

改めて、レッスン内容をご紹介しましょう。

想像しやすいように具体例を挙げますね。

座ってのご挨拶です。

 

正座しているところからお辞儀をして

体をもとの位置に戻しましょう。

 

体の動きとしては、

太ももに置いている手を左右におろし、

その手を膝の前に持ってくる。

膝前でそろえた手をほんの少し膝上へ上げたのち、

上体を前へ倒しながら

そろえた左右の手は畳の上を前方へと滑らせていく

上体を前にしっかり倒した時、一瞬止まる

次に上体を起こしながら両手を畳の上を滑らすように引き寄せ

膝を通って太ももあたりまで持ってきて軽く組む。

 

美しい形としては、

*両手を膝でそろえた時、小指が離れていない

*上体を前へ倒し切った時、

頭→上体→腰に一本の軸がまっすぐ通っている

左右の手は、人差し指と親指で三角形を作る

鼻が三角形のところにくる

左右の腕は肘を張らずに円を描くように。

 

「しぐさ」を習いたいとお越しいただいたりお問い合わせくださる方の中には

このような「動き」や「形」を習えると思われているようです。

【しぐさ美人】で追求しているのはそのもう一つ先なんです。

 

 

 

 

 

 

 

先ほどの「動き」ができて、「形」が格好良くピタリと決まったとしても、

滑らかな動きでなくては美しくないでしょう?

直線的でなく波打つような動き、

だらだらと続くのではなく、

緩急ついた、ちょっとした間(ま)のとれた動き、

これらを含んだしぐさこそが美しいと思うのです

 

ですから先ほどの「動き」の中で

太ももに置いている手を左右におろすときは

→上体に力が入っていません

その手を膝の前に持ってくるときは

→肩や腕の力ではなく、肩甲骨で腕を動かします

上体を前へ倒すとき

→頭だけが下がらないように、

上体がピンとまっすぐ、直線的ではなく、

下腹から徐々に波が押し寄せてくるように上体を倒していきます

そして上体を起こすときは

→腰から背中、肩、頭へと波が引いていくように起こしていきます

更にこの一連の動作には呼吸のリズムが伴います。

これらの身体の使い方や呼吸をしっかり体に覚えさせるために

練習の時はオーバーアクションで練習します。

 

そして…

実際のご挨拶の場面では、

これら体の使い方や呼吸のことはすべて忘れ、

心を相手へと向けます。

そうすれば雰囲気のある、美しい挨拶になるのです。

 

 

【しぐさ美人】では和装での流れるような滑らかな動き、

佇まいが美しくあるためのレッスンをいたします。

体をほぐしたり、軸を整えたり、

呼吸法そして呼吸と共に動けるような練習、

使っていない筋肉を目覚めさせたりしております。

 

そしてそれらを踏まえたうえで動きへと繋がっていきます

練習の時の動きはオーバーアクション、

傍で見ていたらちょっと笑えちゃいます(^^♪

 

私もまだまだ日々精進。

動きの中での、もう一つ先の美しさを求めていきたいと思っております。