形じゃなく… もう一つ先の美しさへ 

体験に来てくださった方の感想の中には、

『思っていたようなレッスンではなかった』

という言葉が時々見られます。

その意味として、

「レッスン内容が意外であり、斬新でありそして楽しめた」という場合と、

「レッスン内容が思っていたのと違い、残念だった」という場合がありました。

 

前者は【しぐさ美人】で行っている内容を理解してくださっている方。

そして後者は「しぐさ」のレッスンだから

「ポーズ」や「形」を習えると思って来てくださった方です。

 

私のブログでの紹介の仕方、説明が不十分なのかもしれません。

振る舞いを美しくするために、

呼吸や筋肉のほぐし方・動かし方・鍛え方などを教える教室は

【しぐさ美人】より他にはないでしょうから、

レッスン内容の想像がしにくいのでしょうね。

残念だったと思われた方には申し訳ないことでした。

 

改めて、レッスン内容をご紹介しましょう。

想像しやすいように具体例を挙げますね。

座ってのご挨拶です。

 

正座しているところからお辞儀をして

体をもとの位置に戻しましょう。

 

体の動きとしては、

太ももに置いている手を左右におろし、

その手を膝の前に持ってくる。

膝前でそろえた手をほんの少し膝上へ上げたのち、

上体を前へ倒しながら

そろえた左右の手は畳の上を前方へと滑らせていく

上体を前にしっかり倒した時、一瞬止まる

次に上体を起こしながら両手を畳の上を滑らすように引き寄せ

膝を通って太ももあたりまで持ってきて軽く組む。

 

美しい形としては、

*両手を膝でそろえた時、小指が離れていない

*上体を前へ倒し切った時、

頭→上体→腰に一本の軸がまっすぐ通っている

左右の手は、人差し指と親指で三角形を作る

鼻が三角形のところにくる

左右の腕は肘を張らずに円を描くように。

 

「しぐさ」を習いたいとお越しいただいたりお問い合わせくださる方の中には

このような「動き」や「形」を習えると思われているようです。

【しぐさ美人】で追求しているのはそのもう一つ先なんです。

 

 

 

 

 

 

 

先ほどの「動き」ができて、「形」が格好良くピタリと決まったとしても、

滑らかな動きでなくては美しくないでしょう?

直線的でなく波打つような動き、

だらだらと続くのではなく、

緩急ついた、ちょっとした間(ま)のとれた動き、

これらを含んだしぐさこそが美しいと思うのです

 

ですから先ほどの「動き」の中で

太ももに置いている手を左右におろすときは

→上体に力が入っていません

その手を膝の前に持ってくるときは

→肩や腕の力ではなく、肩甲骨で腕を動かします

上体を前へ倒すとき

→頭だけが下がらないように、

上体がピンとまっすぐ、直線的ではなく、

下腹から徐々に波が押し寄せてくるように上体を倒していきます

そして上体を起こすときは

→腰から背中、肩、頭へと波が引いていくように起こしていきます

更にこの一連の動作には呼吸のリズムが伴います。

これらの身体の使い方や呼吸をしっかり体に覚えさせるために

練習の時はオーバーアクションで練習します。

 

そして…

実際のご挨拶の場面では、

これら体の使い方や呼吸のことはすべて忘れ、

心を相手へと向けます。

そうすれば雰囲気のある、美しい挨拶になるのです。

 

 

【しぐさ美人】では和装での流れるような滑らかな動き、

佇まいが美しくあるためのレッスンをいたします。

体をほぐしたり、軸を整えたり、

呼吸法そして呼吸と共に動けるような練習、

使っていない筋肉を目覚めさせたりしております。

 

そしてそれらを踏まえたうえで動きへと繋がっていきます

練習の時の動きはオーバーアクション、

傍で見ていたらちょっと笑えちゃいます(^^♪

 

私もまだまだ日々精進。

動きの中での、もう一つ先の美しさを求めていきたいと思っております。

 

✨記念日によせて✨

ゴールデンウィークもいよいよ終わり。

貴女はいかがお過ごしでしたか?

 

最終日の今日、庭の草引きや寄せ植えなどをしながら

この一年を振り返りつつ、ゆっくり過ごしました。

 

✨ 5月7日 ✨

私が【しぐさ美人】と出会った記念日なのです。

 

この2~3年、着物熱が復活し、よく着て出かけておりました。

当初はきものを着るだけで満足でしたが、

着物でよく出かけるうちに、

あることが気になり始めたのです。

 

母のように美しくなれないものだろうか

 

私の母は数十年、趣味で日舞を習っており、

着物姿が板につき、佇まいや振る舞いが美しいのです。

それに比べ当時の私は着物姿や所作に自信がなく、

母のように今から日舞を習ったとしても

美しく振る舞えるのは数十年先?

そんなに待てないわ!と諦め感もありました。

 

昨年のGWにふと目に留まった案内

『5月7日 姫路にて1dayレッスン』

そこで考案者の佐竹永光先生に出会い

【しぐさ美人】メソッドの魅力にすっかり引き込まれました

 

それからは夢中でレッスンを受け

アシスタントとしても参加させていただいたり。

その時に来られた方の中からも講師が誕生しました!

講師を目指されたきっかけは 私 だったそうです(^^♪

 

『佐竹先生ができるのは当たり前、

でもメソッドを学んだアシスタントがこんなにできるなら

自分も努力すればできるようになるかも』と

思っていただけたそうです❣

 

嬉しいことに、最近着物で出かけると

ほめてもらえることが増えました

「身のこなしがきれいね」

「着物、着慣れてるのね」と。

 

母の友人である老舗の奥様からも

最近きれいになったねぇとの誉め言葉が届いたとか

 

これもやはり【しぐさ美人】メソッドを学んだおかげ✨

そして自信をもつことができ、

また人にも教えられるようになったからでしょう

 

1年前の今日、 片道2時間の旅、

思い切って姫路までレッスンを受けに行って良かった

【しぐさ美人】に出会えて本当に幸せです٩꒰。•◡•。꒱۶

 

もちろん、現状満足ではありません。

これからももっともっと美しく振る舞えるよう、

そして【しぐさ美人】メソッドに出会ってよかった・

学んでよかったと言ってもらえるよう、

ますます精進していきたいと思います。

 

暖かい日差しのもと、庭で花に触れながら、

花のようにそこにあるだけで美しく

癒せる存在になれればなぁと

幸せな 私の記念日 を過ごしておりました(#^.^#)

体験レッスンご感想 -4月

今日は体験レッスンに来てくださった方々の感想をご紹介しますね。

 

しぐさ美人 京都葵教室を知ったきっかけは何でしたか?

→Facebook、ブログ

 

レッスン受講前のお悩みや、受講してみようと思われたきっかけは何でしたか?

→ 姿勢・所作に自信がなかったので R様

→ 着物を着ても洋服の時と同じ動作であると注意を受けたことがあった。

何が悪いのかが分からず、和装らしい振る舞いをしたいと思ったから。 E様

→ 着物を着る機会が多いので美しいしぐさを身に付けたい T様

 

レッスンを受講されて良かったこと・感想など

→ お辞儀の仕方や、立ち上がるときの筋肉の使い方を知ることができて良かった  R様

→ 自分がこれまで学んできた呼吸法やヨガ、解剖学が和装のしぐさに活かせると分かった。これまで歩んできた道を肯定できると嬉しくなった E様

→ 体の重心をセンターに置く大切さを知りました T様

 

講師の印象を聞かせてください

→ 明るく気さくな方 T様

→ 笑顔にほっとさせられました。

気さくな方で、とてもリラックスして受講できました。 E様

→ 写真の印象より、実際会ってみると声や話し方がとても若くてかわいらしくて、年齢を聞いてとても驚きました。
しぐさ美人の教室をはじめるまでのきっかけや経緯がわかりやすく、素敵だと思いました。 R様

 

 

 

 

 

 

 

アンケートにお答えくださった皆様、ありがとうございました。

限定10名様 ニュースレタープレゼント!

【SBMしぐさ美人】講師の西村里子です。

しぐさ美人Clubの冊子、

ニュースレターVol 10が出来上がりました。

表紙に私の写真を載せていただきました٩꒰。•◡•。꒱۶

私の大好きなカメラマン、

青山智圭子さんに撮っていただいた写真です✨

そしてなんと、

今回は青山さんも寄稿してくださっているのです。

ありがとうございます❣❣

 

【SBMしぐさ美人】に興味を持ってくださってる方、

レッスン受けてみたいなぁと気になっておられる方、

是非ぜひご連絡ください。

表紙に載せていただいた記念として、

10名様にニュースレターを無料で差し上げます。

冊子お申し込みはこち

 

 

 

 

 

 

 

ご連絡をお待ちしております。

草津宿場まつりに参加されるんですって

先日、「足裏快眠&リンパ」のサロンをされているさざきりえさんが体験レッスンに来てくださいました。

 

お友達・EさんのFacebook投稿を見てしぐさ美人を知ってくださり、

「姿勢・所作に自信がないから、是非」!とご連絡くださいました。

 

「肩甲骨はよく動かすようにしてるんです」とおっしゃるりえさん、

いつもどのように動かしてるか確認したのち、

肘を張る、手の角度、

肩が上がらないかの確認、

二の腕のピリピリ感を確認など

ポイントをお伝えすると、

更に動くようになったと喜んでくださいました。

 

これまでのやり方では肩甲骨も多少動いてましたが、

肩を回してる感じだということを理解され、

レッスンでのやり方で

背中と二の腕がピリピリする~と

何度も繰り返し練習!

 

レッスンの中でも特に印象的だったのは

お辞儀の仕方や立ち上がるときの

筋肉の使い方のレッスンのようでした。

 

着物を着た時の歩き方を意識したことないとの事、

歩き方も練習しましたよ。

4月30日に行われる

「草津宿場まつり 時代行列」に

参加されるそうです。

衣装を着て鬘も付けるんですって。

どの時代のどんな役か楽しみです。

当日の行列での練り歩きのときはぜひ

レッスンでの成果を発揮してくださいね。