びっくりがいっぱい体験レッスン

今日は 流しの華活け師あっこさん が体験レッスンに来てくださいました。

20161022%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%93%e3%81%95%e3%82%93

 

 

 

 

 

 

 

20161022%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%93%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92

 

 

 

 

 

 

軸を整え中。首をぐっと後ろに下げて~

20161022%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%93%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%93

肩甲骨をしっかり動かしましょうね。

20161022%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%93%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%94

 

 

 

 

 

 

座ってお辞儀の練習。頭・背中・お尻が一直線に。

 

しぐさのレッスン、イメージとちがう~( ゚Д゚) と びっくりされること多々。

着物をきての、トレーニングって感じ?

呼吸法と体の軸の話をしていた時に、

「この間受けたヨガの先生が同じことをおっしゃってました」と。

そう、ヨガに通じるものがあるんです。

身体がガチガチに固まっていては、流れるような美しいしぐさはできません。

まずはしっかりほぐしましょう。

 

レッスン中は、普段使ってない筋肉を改めて認識。

筋肉痛の予感がするとおっしゃりながら帰られました。

あっこさん、お疲れ様でした。

また、お待ちしております。

 

きもの好きさん、会いに来て!

着付けは習ったけれど、まだきものでお出かけしたことないあなた、

きものは着たいけど、一日中着物で出歩く自信がないですか?

もしかしたら肩が凝っていたり

猫背気味ではないですか?

 

「しぐさ美人 京都葵」では%e5%be%ae%e7%ac%91%e3%81%bf

そんなあなたをお待ちしてます。

 

どうしてかって?

うちのレッスンでは、

きものでの美しい佇まい・しぐさのために

身体をほぐし、呼吸法を練習して、

体の軸を整えるんです。

ヨガ教室? いえいえ、そうではありませんが、

ヨガに通じるものがありますねと言われました。

きものを楽に美しく着こなすために、

まずは余計な力を抜くことから始めます。

 

身体の軸を整え、デコルテをマッサージすれば、

あなたはきもの美人へと 最初の一歩

さらに肩甲骨をしっかり動かせば、

もっと輝くしぐさ美人

 

気が付けば肩は楽になり、

美しい姿勢になっているはず!

まずは体験レッスンで感じてみてください。

 

JR・地下鉄・京津線 山科駅から徒歩10分

「しぐさ美人 京都葵」

10月体験レッスンお申し込みはこちら

お問い合わせはこちら2016.0720縦向合う - 小

 

 

写真左は 着付け教室たまより堤千草さん

きものと山登りの共通点 歩き方のコツ!

5h3a8752-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc昨日のブログで、草履で歩くにはちょっとしたコツがあると書きました。

膝に負担をかけないこの方法。

なんと!このコツは山登りでも大切なんです( • ̀ω•́ )✧

 

まずは一般的な歩き方。

一歩進むとき、足を出しながら体も前に移動してますよね。

右→左→右→左img_20161006_155738

前に出した足につられて体の重心も前に進んでるんです。

そして足の裏の動きは、かかと→土踏まず→つま先へと

カーブを描くように地面に接してるはず。

 

草履をはいてこの様に歩けば踵と草履が離れてしまい

パタパタ音を立てながら歩くことになります。

 

ではどうするか。

足の指で鼻緒をつまみ、草履を持ち上げるのです。

草履は常に地面と並行、弧を描きません。

持ち上げた草履を前へちょっと出し、img_20161006_160344

草履が接地してから体の重心をそちらの足へ移動します。

前に出した足へ完全に重心移動してから後ろの足を動かします。

右→重心移動→左→重心移動→右→重心移動→左 となります。

 

この歩き方、前に足を出したときはまだ軸が後ろの足に残っています

山道で、特に下りの時この歩き方をすれば膝への負担が少ないのです。

前者のように重心移動させながら山を下ると

体重が、下りの衝撃と共に前へ出した足(膝)へとかかります。

何かにつまづけばバランスを崩してこけることもあります。

ですが、後者(草履での歩き方)をマスターしていれば、

前に出した足をしっかり着地させてから体重を移すので

衝撃はなく、膝への負担もありません。

 

さてこの歩き方、もっと正確に言えば

ある筋肉をしっかり使って歩くとさらに良いのです。

言葉で説明するのは難しいので、

興味を持たれた方はぜひ体験レッスンにお越しください。

10月体験レッスンお申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

 

 

大阪1Dayレッスン

26日~28日まで、東京よりしぐさ美人メソッド考案者、

佐竹先生がお越しくださり、

一般の方向けの1Dayレッスン、

講師ブラッシュアップ研修会、

そして秋の撮影会の打ち合わせを行いました。

 

1Dayレッスンではアシスタントを。

お越しくださったのはとてもチャーミングな

美肌食マイスターの岡田 千晶さん。IMG_20160827_140724

毎日健康のためトレーニングもされているようで、

体の内から外から気遣っておられます。

 

ぶれない軸づくり、肩甲骨をしっかり使う意味、

呼吸法など先生の説明に熱心に耳を傾けておられ、

これまでに学んできたことや実践してきたことに

共通することが多いと納得されたり、

新たな発見もされたご様子。

これまで使っていた筋肉を使わず、

使っていなかった筋肉を使いましょうとの

先生の教えが印象的だったようです。

 

実際に体を動かしてみる際は飲み込みも早く

スムーズに動かれてました。

皆さん苦労される「力を抜く」ことにはやはり

四苦八苦。

ある個所に意識を持っていき

そこに力を入れるのは簡単なのですが、

「力を抜く」というのは難しいです(*_*;

自分では力を抜いているつもりでもどこかに入ってしまっている。

外からのダメージに対して身を守ろうと

脳が指令を出し筋肉が緊張状態になるようです。

 

ご自身の中にたくさんの引き出しを持っておられる岡田様、

今はそれぞれバラバラだけれど、繋がっていきそうと話されてました。

 

 

20160827大阪1Dayー2

佐竹先生、講師を目指して受講中の武内様、岡田様と共に記念撮影。

 

9月の体験レッスン受付中!

着物が大好きなあなた

子育てが一段落し自分磨きをしてみたいあなた

久しぶりの同窓会できれいになったと言われたいあなた

流れるような美しい振る舞いを身に付けたいあなた

ご自身の夢を見つけたいあなたも

しぐさ美人 京都葵教室 で着物のしぐさや輝く振る舞いを学びませんか?

着物でのお出かけが楽しくなります。

2016.0720縦向合う - 小

 

 

レッスン風景

左は着付け教室たまより 堤千草さん

 

「しぐさ美人メソッド」とは

舞踊家である佐竹永光先生が考案されたメソッドで、

日本の伝統である歌舞伎の女形や舞妓さん・芸妓さんが学び身に付けられる所作、

日舞のエッセンスを凝縮して学べるように創り出されたメソッドです。

これまではプロの役者・俳優のための「和の所作指導~舞踊」セミナーとして指導されており、

一般の方に対しては「誰も教えることのなかった所作やしぐさの基本」なのです。

この度、ご縁あって先生より指導いただき、しぐさ美人・京都葵教室として始めました。

 

私が「しぐさ美人メソッド」に魅せられたのは

私は着物が好きでよく着ているのですが、立ち居振る舞いに自信がありませんでした。

着物を日常着られている方として思いつくのは日本舞踊の先生・茶道の先生・着付け教室の先生…

皆さん普段から着物をお召しですから本当に素敵に着こなし、振る舞いも美しい方ばかり。

でもこの方々のところへ弟子入りしたとしても習えるのは舞踊・お点前・着付け方法。

また、マナー教室へ行っても相手へのおもてなしの心を中心とした、ふるまいの型を教わり、

私の求めているものとは違いました。

「流れるような美しい振る舞い」「気品あるしぐさ」が短期間で学べる

「しぐさ美人」は、まさに私の求めているレッスンでした。

 

9月の無料体験レッスン受付中!

体の軸を整える・呼吸法・歩き方 など学べます。

1回90分のマンツーマンレッスンです。  お友達と一緒に受講も可能です。

ご希望の方は会場にてお着替えも可能です。 着物又は浴衣をお持ちください。

 

まずはお問い合わせください。

お申し込み・お問い合わせフォーム

望撮影ニュースレター

 

 

しぐさ美人・京都葵教室              西村里子

アクセス: JR・地下鉄・京津線  山科駅より徒歩10分