階段や坂で心掛けたいこと

昨日は家族と貴船・鞍馬を散策してきました。

 

 

 

 

 

 

晴れたり曇ったり、散策にはちょうど良い天気

ここはずいぶん涼しく、長袖を着ていてちょうど良いくらい

緑がとても美しかったです。

 

さて、貴船も鞍馬も京都市内とは言え

街からかなり離れた山の中

坂や階段が多いです。

今回はたくさん歩くつもりで洋服で来ましたが、

歩き方はきものの時の歩き方で…

 

「きものの歩き方」なんていうと

内またで歩いてる👀 って想像してませんか?

「脚の後ろの筋肉を意識して歩く」ですよ~ ٩(๑>◡<๑)۶

 

お尻をキュッと引き締めながら、

動かさない方の脚にしっかり体重を乗せ、

反対側の足を一歩踏み出す。

踏み出した足をしっかり地面につけてから

そちらの脚に体重(重心)移動し、

今度は後ろに残った足を前に出す。

 

更に❣

階段や坂を下りるときは

前(下)へ踏み出す足は、

卵の上に足を載せるようにそ~っと置きます

 

道に卵は落ちてませんし、

わざわざ踏むようなことはいたしませんが(((╹д╹;)))

卵をつぶさないくらい「そ~ろと」足を置くわけです

 

そしてそのためには

体重(重心)をかける方の後ろの脚にしっかり乗って、

その足を曲げながら、前に出した足を一段下へ着地させる

一段下へしっかりと着地させないうちは

体重を前の足に移動しません!!

↑ここ大事なポイント

 

下へおろした足を着地しないうちから

体重移動してしまうと

着地するときにドンと膝に衝撃がきます

ドン ドン ドン と膝に負担をかけながら

くだっていくから

そのうちに膝が笑いだすんです(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

下へおろす足はそ~ろと着地!

そうすれば膝に負担もかからないでしょ。

 

 

 

 

 

 

普段の生活でも坂や階段はありますよね。

膝に負担をかけない歩き方、

お試しください٩(✿╹◡╹✿)۶

少しずつの積み重ね… 脚の話

先日行った都をどり、

芸妓さん、舞妓さん方の踊りを拝見してましたら、

やはり軸がぶれず、とても美しかったです。

 

特に踊りながらの立ち座り、

上体が揺らぐことなく

すーっと真下へ沈んでいき、またすーっと真上へ伸び上がる。

いとも簡単にされているように見えますが、

結構大変なんですよ。

 

しぐさ美人のレッスンでもこの立ち座りができるようなトレーニングをするんです!

 

トレーニングと言えばスポーツ選手を思い浮かべるのですが。

スポーツ選手って筋肉が発達していて太ももとか太かったりしますよね。

一方やはり体を鍛え体を使うバレリーナ、女性の脚はすらりと伸びて細いです。

 

スポーツ選手とバレリーナでは何が違うのでしょう(。ŏ_ŏ。)

鍛える筋肉の箇所が違うのです。

体を鍛えがっしり太い脚は 脚の前の筋肉を鍛えているから

そしてバレリーナのように細く見えるのは、脚の後ろの筋肉を鍛えているから。

 

日本人が毎日着物で生活していたころは

自然と脚の後ろの筋肉を使っていたそうですよ。

帯がコルセット替わりになっていて、

自然と体の軸が整っており、

だらりと姿勢が崩れるようなこともなかったんでしょうね(^^)/

 

草履ではなく靴を履くようになり

いつしか脚の前の筋肉を使うようになって、

そうなると筋肉が弱ると膝に負担がかかり膝を痛めてしまう、

そして痛めた膝をかばおうと姿勢が崩れ、

今度は腰に負担がかかるという悪循環。

 

脚の後の筋肉を常に使っていると

年をとって筋肉が弱ってきたとしても

膝に負担がかかるということはありませんね。

 

【SBMしぐさ美人】メソッドのトレーニングは

きものを着た時はもちろん、

普段の生活でも役に立つことがたくさん

嬉しいことです♡

 

さあ、また隙間時間にちょっとずつ

トレーニング、がんばりましょう♪

立ち上がるときも…美しく

地下鉄で向かいに座ってらしたお嬢さん、

後にもたれることなく、

とても姿勢よく座っておられました

見ていてとても気持ちいいくらい。

どこにも力が入らず、いつもきれいな姿勢なんでしょうね。

素敵でした✨

 

私も椅子に座るときは深めに座って背もたれに添うか、

もたれずに背筋を伸ばして座るよう心掛けています。

そして最近、もう一つ気を付けていることがあります。

それは… 立ち上がるときの様子。

 

美しい姿勢で座っていても

立ち上がるときに手をついたり、

前かがみになって

よっこいしょって立ち上がると

なんだか残念な感じ、しませんか?

 

上半身をかがめたり前に倒すことなく、

まっすぐ上へ、すーって伸び上がりたいもの。

どうやっているかって?

 

両足そろえて座っているでしょ?

片足を少し後ろへ引いて、

立ち上がる時に

お尻と太もも裏をクっと引き締める感じで立ち上がります。

 

どうですか?

綺麗に立ち上がれると思いませんか?

この時あまり椅子に深く腰掛けていると難しいかもしれませんね。

 

ヒップアップ効果ないかしら?

なーんて思いながら続けております٩꒰。•◡•。꒱۶

草履のはなし

草履ってよく考えてありますよね。

だって同じ形❣ 左右どちらに履いても良いのだもの!

 

靴だったら足に合わせて左右の形が違うから、

逆に履くことはできないし、

運動靴のように同じような形であっても

やはり逆に履けば心地悪い(>_<)

いつも同じ方の足で同じ靴を履くから

歩き方の癖ですり減るところが決まってきますよね

 

 

 

 

 

 

そのてん、草履は左右同じ形。

時々左右をわざと逆に履いておくと

草履の裏の傷みのペースがゆっくりとなるでしょう?

だから私は色無地の草履、片付ける時に左右を交換しておきます

 

でも草履に模様が入っているとき、

左右対称に模様が入っているからこの場合は仕方がないなと

左右を入れ替えずにいつも同じに履いていたんです。

 

そしたらなんと!

柄を気にせず左右入れ替えて履けばいいじゃない?

って言われちゃいました。

誰が言ったかって?  …草履屋さんです。

 

先日母が、足に合わせて挿げてくれる履物屋さんで買いたいと申すので

お供してきました

鼻緒をすげながら、いろんな楽しい話をして下さって

その中で左右を入れ替えて履く話になったんです

 

― いつもは入れ替えて履くようにしてるのですが、

柄が入ってるのはどうしても左右が決まってしまうから…

すり減る箇所が決まってくるのですよ

* 柄が入っててどう不都合?

― だって脱いだ時、逆さま履いていたらみっともないでしょ?

* 脱がなかったら誰もわからないよ。

それに脱いだ時すぐに入れ替えたらいいじゃない!

 

確かに!

天(足を載せる面)の柄は

履いているときは隠れてしまいますよね。

どこかへ上がるから草履を脱ぐと分かってる日は

左右正しく履き、脱がない日は逆に履く。

急に脱ぐことになってもすぐに入れ替えれば問題なし。

草履を長く大切に履く為ならそれくらいはなんてことない。

 

鼻緒に模様が入ってるときも、TPOに合わせて入れ替えちゃおうかな(#^.^#)

 

そしてそして…

草履を大切に履く為にも

『草履での歩き方』の実践をお勧めしますヾ(❀╹◡╹)ノ゙

↓ こちらで紹介してますよ

「草履を履いて美しく歩けますか?」

 

【SBMしぐさ美人】メソッドでは

靴と草履での歩き方の違いはもちろん、

美しい歩き方、

美しく振る舞うための身体の使い方をレッスンしております♡

後ろ姿と天使の羽の秘密

後ろ姿が美しい女性って素敵だと思いませんか?

 

毎日、服に着替え、お化粧をして、ヘアースタイル整え、

鏡に映った姿をチェック!

前から見た姿は確認できるから

あ、太ったなとか顔が丸くなったなんて言うのは分かりやすいのですが、

背中の肉って知らず知らずのうちに…( ゚Д゚)

 

ついてしまった背中のお肉、なかなか取れないんですよね。

私も一時期ついてた《ぷにぷに》、諦めていたんですが、

なんと、しぐさ美人のレッスン始めてから2か月ほどでスッキリしたんです!

 

ポイントは「肩甲骨」

肩甲骨周りの筋肉を動かすことはとても大切。

特に女性には美しさを保つ要素がいっぱいなんです。

 

なになに?どんなこと?

 

まず、肩甲骨の周りの筋肉をしっかり動かすことで

新陳代謝がアップ!体がホカホカしてきます。

血行が良くなるので肌つやも良くなって

カロリー消費されるので徐々にサイズダウン

今まで使うことがなかった筋肉を使うわけだから、

その周りが引き締まってくる

 

ねっ! いいこと尽くめでしょ♪

しぐさ美人のレッスンでは「天使の羽」って呼んで

しっかり動かせるようなレッスンをしています٩꒰。•◡•。꒱۶

 

肩甲骨を意識できるようになれば

腕を動かすのも肩でなく肩甲骨から

そうしたら袖がぴったり腕に纏わりついて

美しいしぐさへと繋がっていきます♡

 

着物姿の美しいあなたも、

✨天使の羽✨レッスンで

後ろ姿も振る舞いも

さらに美しく輝きましょう☆.。.:*・゜