私のストーリー㉑ 大学の進学先

私のストーリー⑳はこちらから

 

私のストーリー㉑ 大学の進学先

中学・高校生の頃

幼稚園の先生や小学校の先生に

憧れていました

 

大学付属の高校に通っていたので

系列の大学に進学するなら

通知簿の成績で決まるのですが

 

幼稚園、小学校の先生になるならば

他大学受験しないといけないので

受験勉強をしなくてはなりません

 

両親からすれば

大学受験をしなくてもよいように

私学の中学・高校へ通わせたのに

今更 他大学受験てどういうこと?って

猛反対💦

 

父からは英文学科へ進学するように

と、言い渡されました

 

父はこれまでもそうだったのですが

相談してアドバイスをもらう

ということは無理でした

 

親は人生経験も豊富だし間違いない

親の言うことを聞いてればよいんだ と

 

相談したら決定事項が言い渡される~

 

相談するとたいてい計画潰されるから

黙って準備を進めるか

諦める(父に従う)かの2択しかないショボーン

そう考えるようになっていきました

 

海外に興味はあるし

大学で英語以外の学部に進学すれば

英語から離れてしまうかもしれない

 

親の反対を押し切って

無理に他大学へ入学できたとしても

援助なくして通えるかなー

そこまでして学校の先生になりたいのかなー

 

結局、安易な方へと気持ちが流れ

まあ英語から離れない方が

仕事も選択肢が広がるかな?

 

そんな感じで父の言うように

英文学科へ進学しました

進学してしまえばそれなりに

楽しくもあり

 

世間ではバブル絶頂期

あっしー君だの めっしー君だの

華やかに遊んでる友人もいましたが

 

私の場合は

海外への憧れを抱きつつ

留学生との交流や

アルバイトにいそしんでました

 

私のストーリー㉒へと続く

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

私のストーリー⑪~⑳