私のストーリー⑲ マーク君

クラスで目立たなかった私

みんなにすごいって言ってもらえ

ちょっと嬉しかった話

私のストーリー⑱はこちらから

 

私のストーリー⑲ マーク君

高校一年生の夏休み

英国へ2週間の語学研修に行きました

 

ユニセフ主催、高校生のための語学研修

ツアーコンダクターと高校英語教師同行

総勢30名ほどのグループなので

初めての海外でも何の心配もありません

 

というか、今思うと

日本人ばかりでどうなの?

という感じです

 

ホームステイ先は二人ずつ

英語研修もこのメンバーをグループ分け

現地の先生に教えてもらえるとはいうものの

日本人・日本語にあふれてました

 

まぁ、心配性で慎重派の私には

ちょうどよかったのかもしれません

 

ホームステイ先には

マーク君という

5歳の男の子がいました

 

最初に話しかけてくれたのが

マーク君

「ワッチャ ナイム?」

 

ナイム?

ナイムってなに?

早速辞書を引く私爆  笑

 

「name」

な~んや 名前を聞いてるんやん

方言?子供やから?

ちょっとなまってたのね

 

英語、わからへんかったらどうしよう

ドキドキでしたが

一気に緊張がほぐれました

 

その後も不安になると

すぐ辞書に頼ろうとしてましたが

少しずつ聞くのは慣れてきました

 

ママさんがマーク君によく使う言葉

「silly boy!」

愚かな男の子?

なんてかわいそうなことを言うんだろうキョロキョロ

 

そう思ってたんですが

しょっちゅう出てくるので

だんだん分かってきましたよ

 

京都で言うところの

「あほやなー もぉー」っていう

軽い感じ

 

辞書通り直訳の

凝り固まった頭から

だんだんほぐれてくるのが分かり

嬉しかったですドキドキ

 

私のストーリー⑳へと続く~

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です