私のストーリー⑯ 球技大会

親の好みは子供にも伝染しますね

作るものは違うけれど

やっぱり手作りが好きドキドキ

私のストーリー⑮はこちらから

 

 

私のストーリー⑯ 球技大会

小さい頃から走り回ったり

木登りして遊んでたのでやしの木

わりと身軽なほうで

 

体育の時間も

短距離や走幅跳び、

走り高跳びが好きでした

 

ただ、球技となるとちょっと…💦

大きなバスケットボールを顔面で受けたり

ボールを投げると

あさっての方へ飛んでったり爆  笑

 

毎年あった球技大会は悩みの種

それでも中学2年の時は

思い出に残る大会でした

 

その年はジャンケンに勝って

卓球卓球チームに入ることに!

 

卓球なら球も小さめだし

怖くありません

チームのメンバーが決まったら

翌日から早速自主練

 

ちょうどその頃

卓球ブームだったのかな?

「白球を叩け」

「白球よ輝け」

という本が人気に

 

コバルト文庫から出版されて

私も夢中で読んでたのです

 

聾唖者世界チャンピオンが

モデルとなった小説で

ストーリーに引き込まれるだけでなく

 

卓球の打ち方や

ワザなどの解説が!

 

回転のかけ方や

カットの仕方

サーブの種類…

 

もうあまり覚えてませんが

その時は図説を見ながら

一所懸命練習してました(^^)v

毎朝チームのメンバーと練習し

チームワークも断然よくなって

優勝しました~\(^o^)/

 

みんなで一つの目標に向かって

力を合わせる

頑張れる

 

スポーツは苦手と思ってたけれど

ものによっては楽しめるって

ちょっと自信が付きました

 

私のストーリー⑰へ続きま~す

 

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です