私のストーリー⑮ クロスステッチ

小さかった頃は母の言いなりでしたが

自我が芽生え、徐々に静かなる抵抗

その頃から母の口癖が始まりました

私のストーリー⑭はこちらから

 

 

私のストーリー⑮ クロスステッチ

手作りが好きです。

手先の器用な母の影響で

私も小物を作るのが好きでした。

母からは、不器用やねーと言われつつ

 

お菓子の箱に千代紙を貼って、

その中に沢山の色紙で折った花を入れて

おばあちゃんにプレゼントしたら

とても喜んでくれたのを覚えています

 

好きと上手は別物で

学校での家庭科の成績は

特別良いわけでもないのですが

ただ、楽しんで作っていました

 

中学2年生、家庭科の時間

クロスステッチをして

トートバッグに仕上げる課題がありました

 

クロスステッチのデザインは

自由に決められます

 

あまり時間をかけたくないなら

作業が少なく見映えするデザインを

選べば良いのでしょうが

そんなことは私の頭にはありません

 

気に入った柄で刺繍して

使えるトートバッグに仕上げたい音譜

 

華やかで見栄えのするきれいな柄✨

そう思いながら見つけたのが

このデザイン ラブ

一目惚れでした

 

よし、これに決まり!

そう決めたはいいものの…

 

微妙な色合いを出すため

刺繍糸の色数が多く

間違えないように

色糸を変えていかないといけません

 

何より大変なのは

大きくて華やかな分

刺す量が多くて

時間がかかるのです💦

 

家庭科の時間だけでは

とてもじゃないけど終わらなくって

家に持ち帰り

毎日毎日刺繍をし続けました~

 

おかげさまで

必死で作った刺繍のかばんは

私の大のお気に入りラブラブ

しょっちゅう持ち歩いてました

大好きだったあのかばん、

どこに行っちゃったのかな?

引っ越しの時に捨てられたのかもえーん

今手元にあるのはこの写真のみです

 

作りだしたら夢中になって

あっという間に過ぎる時間

やっぱり今でも手作りに夢中ですおねがい

 

私のストーリー⑯へ続く

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です