私のストーリー⑭ 母の口癖

中学生になって初めて英語に触れる

海外に興味を持ち始めた私は…

私のストーリー⑬はこちらから

 

私のストーリー⑭ 母の口癖

「あんたは小さい頃は

かしこかったのになぁ…」

 

母がそんな言葉を言うようになりました

中学生になっても

高校生になっても

何かあると、ふと

この言葉が出てきました

 

つまり、今はかしこくない

で、母にしてみれば

小さいときの私が可愛くて

今の私は不満であり

あきらめ感もあるんだろうなぁ

 

私にすればそう思うしかなく

そんなことを言われたときは

ひたすら無表情でやり過ごす

 

何しろ母は

兄二人にもまれながら育っているので

口げんかは誰にも負けない

 

私が何か言ったところで

10倍になって返ってくることは

明らかなんです

 

長女でのんびりしたところもある

私ですから

人とけんかすることは好まず

 

母と意見が合わなかったとしても

反論して余計なダメージを

受けるくらいなら

多少我慢してショボーン

平和に過ごす方を選びました

 

年齢が上がるに従い

母の言うことを素直に

受け入れられなく

なってはいきましたが

 

でも反論することはなく

ひたすら貝のように黙ってました

そして従うことも

徐々に減っていきました

 

「あんたは何考えてるか

さっぱりわからへん」

また新たな口癖が増えました

 

家の中でも

あまり居心地がよくなく

口数が減り

ますます無表情に

なっていったように思います

 

高校生のある日

「笑え!」

父が突然すれ違いに言いました

 

そんなん言われても

何にもおもしろないのに

笑えるかいさぁ

 

言葉には出して

よう言いませんでしたが

小さいため息一つまた出てきました

 

思春期!

今思うと

そういう時期だったのかなぁ爆  笑

 

私のストーリー⑭へ続く

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です