私のストーリー⑩ 学校休みたい

小学校3・4年生の頃の記憶が少ない

楽しかったこともあったはずなんだけど

一番記憶にあるのは担任の言葉

私のストーリー⑨はこちらから

 

 

私のストーリー⑩ 学校休みたい

小学校低学年のことは覚えてませんが

少なくとも4年生以降

風疹など出席停止になったのと

中学受験日(公欠)以外は

学校を休んだことはありませんでした

 

私の子供の頃は

時代なのか母の方針なのか

風邪っぽくっても

熱を測るなどとほどんどなく

 

「子供の風邪は走り回って遊んでるうちに治る」

そんな風に言われたように思います

 

 

確かに、さっきまで元気に動き回ってたのに

ちょっとしんどいからと熱を測り

37度を超えてると分かった途端

急にしんどくなって動けなくなる

 

そんな経験は何度かあります

大人になってからの話ですが😝

 

とにかく9歳か10歳くらいからは

ほとんど熱で寝込むことはなく

学校も休むことはありませんでした

 

というか、

学校を休むという発想が

ありませんでした

 

ただ一度だけ

学校行きたくないと

泣きわめいたことがあります

 

4年生でした

 

ちょっと話がそれますが

私の母は趣味で20代の頃から

最近まで日本舞踊を習っていました

 

昔は先生が家に教えに来てくださってて

私が2~3歳くらいの頃に

母が私にも習わせようとしたしたのですが

嫌がったのだとか

 

そして4年生の時

習うことになったようです

ほとんど覚えてない私(^_^;

 

おさらい会

大広間に舞台があって

みんなは広間の畳に座って見る

多分生徒さんとその家族だけの

小規模だったと思います

 

それに私も出してもらうことになり

当日はお化粧もしてもらいました😍

 

 

初めての化粧! 舞妓さんみたい✨

しかもお気に入りのピンクの振り袖を着せてもらえた💖

当日はテンション高く

ルンルンでした  ←多分 笑笑

 

なんか嬉しかったなぁとだけ覚えてます

 

さて、翌日は月曜日

また一週間の始まりです

 

朝起きてきて

大変なことになってたんです!

 

きゃー なんてこと

顔が真っ赤に腫れている~😱

 

そう、化粧かぶれをおこしてしまったんです

 

当時は下地クリームとか

パッチテストとか

なかったんでしょうかね💦

 

母は普段化粧っ気はなく

化粧についても詳しくなかったと思います

 

私の顔を真っ白に塗ってくれたのが

誰なのか 何をぬられたのかも

覚えてません

 

ただ、顔中が真っ赤に腫れていて

恥ずかしくって

こんな顔で学校には行きたくないと

朝から泣いわめいたことだけ

鮮明に覚えてます

 

 

顔が腫れたとはいえ

熱があるわけでなく

体は元気そのもの

 

当然休ませてもらえるはずもなく

母は赤いランドセルと一緒に

私を家の外へとつまみだし

鍵をかけてしまいました😢

 

ドアを叩こうが

泣き叫ぼうが

家に入れてもらえるはずもなく

 

私もしばらく粘ってみたものの

とうとう諦めて

とぼとぼ学校へと向かいました

 

そのときは母は

どんな気持ちだったのでしょう

 

顔が腫れたくらいでへこたれるな

そんな気弱なことでどうするの

そんなところでしょうか

 

6歳の時に自身の母親を

病気で亡くした母ですから

自分の身に「もしも」のことがあったとしても

私がたくましく生きていけるようにと

願ってたのかもしれません

 

私のストーリー⑪はこちらから

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です