私のストーリー⑨ 本当に怖いものとは

小学校での国語の宿題、

名前の意味調べ

 

キラキラネームだとか

今年の人気の名前とかが話題になるたび

ふと思い出してしまいます

私のストーリー⑧はこちらから

 

私のストーリー⑨ 本当に怖いものとは

小学校3年・4年生の頃

何をしていたのか

どんなことが好きだったのか

どうしても思い出せません

 

4年生の時の担任が男の先生で

あんまり好きではなかったのだけれど

一つだけ印象に残っている先生の話

 

「怖いものといえば

『地震・雷・火事・おやじ』というけれど

でも本当に怖いのは人の心だ

というもの

 

人は心の持ちようで

善い人にも悪い人にもなる

親切にしてもらえることもあれば

裏切られることだってある

 

低学年の頃は

男女関係なく

みんな仲良し!って感じで

楽しく遊んでいたけれど

 

3年生・4年生あたりから

だんだん自我が芽生え始め

仲良しグループなどができてきて

しっくりいったりいかなかったり

 

そんな中で

人の心が一番怖いと聞かされ

心変わりや裏切りだって

いつあってもおかしくないんだって

理解してしまい

 

仲良かった友達と

意見が合わなくなったら

怖くなって自らはなれてしまう

 

なんとなく不安定な

落ち着かない日々を

過ごしてたように思います

そんなもやもやした

心の不安を

家でも話すことは

できませんでした

 

あまり笑うこともなく

楽しそうなふうでもなく

おどおどした感じ?

 

赤鬼に追いかけられる夢を見たり

目が覚めたら学校の

焼却場の中だったらどうしよう

そんな不安で寝付けなかった日々

 

今思うと、

9歳の子供達に向かって

人の心が一番怖いんだなんて

担任の先生は

ひどいことを言ったもんだわ😠

 

私のストーリー⑩へ続く~

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です