私のストーリー③ 花が好き

近所に子供が多く、

自由に行き来していた幼少期。

私のストーリー②はこちらから

 

私のストーリー③ 花が好き

子供の頃から花が好きです

いつも花に囲まれていたように思います

前庭のちょっとしたスペースには

春になるとクロッカスやチューリップ

ヒヤシンスが咲き

 

その奥には

ゆすらうめや杉の木がありました

 

私の小学校入学の時に

祖父が牡丹を植えてくれました

 

5月

ちょうど私の誕生日を

祝うかのように花開く

 

おじいちゃんの牡丹が咲く💕

とても嬉しい季節でした

 

玄関には二畳ほどのスペースがあり

いつも生け花が飾ってありました

 

 

母は華道の講師免状を持っていて

友人から教えないかと

誘われたそうなんです

 

外で働きたい!

自分の「仕事」を

持ちたかったようなのですが

父の反対を受け

諦めたと言ってました

 

何度もその話を聞かされたので

きっと悔しかったのだと思います

 

花好きの母のお陰で

私も子供の時から

花の名前はよく覚えました

 

周りには田畑が多く

春にはレンゲが咲き乱れ

花かんむりや、首飾りは作りたい放題

 

じゅず玉が実るとネックレスを作って

友達にもプレゼントしました

草花を摘んで

瓶に飾るのも好きでしたね

 

いろいろな思い出は

いつも花がそばにあったように思います

レンゲ、シロツメクサ、じゅず玉…

最近は見かけなくなりました

さみしいことです

 

ストーリー④へ続く💕

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です