私のストーリー② おままごと遊び

京都・太秦で長女として育った私

私のストーリー①はこちら

 

 

私のストーリー② おままごと遊び

丙午生まれは

他の年より少ないとはいうものの

子供が多い時代

近所にはたくさん

同年代の子供がいて

一緒によく遊びました

前庭に砂場がある家

ブランコがある家

木登りするのに

手頃な木があったり

 

当時は家にいるときは

鍵をかける習慣がなく

引戸を少し

開けておく家もありました

家にいますよって目印です

 

○○ちゃん、あーそーぼー

って声をかけながら

自由に行き来してましたね

 

幼稚園に入るくらいまでは

おままごと遊びが多かったです

 

近くの原っぱや畑の畔道には

雑草がいっぱい!

 

かたばみ、オオバコ、ぺんぺん草…
おままごとの食材はここで調達

 

へびイチゴができ始めると
とっても嬉しかったです

お母さん役が一番人気で

その次はお姉さん役

その他は赤ちゃん、お父さん、等々

 

みんなで遊ぶのは楽しくて

好きだったのですが、

母は私が年下の子達と遊ぶのを

嫌がりました

 

年下の子達を従え

えらそうにしている

同い年のこと遊びなさいって

 

おおぜいで遊んだ方が

おもしろいんだけどな~

 

 

長女の私

母にすれば初めての子育て

一所懸命なのだろうけれど

いろんな口出し

指図が始まります💦

 

ストーリー③へ続く(*^-^*)

フォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です