西大寺の大茶盛式へ

仲良くしていただいてる

着付師の柴田先生にお誘いいただいて

以前から行きたかった

西大寺の大茶盛式に行ってきました

お茶会では無く大茶盛?と

気になってたのですが

和尚様の話で謎が解けました!

 

1239年叡尊上人が八幡神社に献茶した

余服を民衆に振る舞ったことに由来する

伝統行事だそうで

戒律でお酒が禁止されていたことから

「酒盛り」ではなく「茶盛り」をされたのだとか

 

今では気軽に飲めるお茶も

当時は貴重で薬として扱われてたそうです

 

大きな器でみんなでいただいて

和気藹々結束を深める!

「一味和合」と言うそうです

 

さて大きな茶碗、

一人で持ち上げることもできるのですが

そぅ~ろと飲まないと

ざぶ~んと

自分に降りかかりそう💦

 

やっぱり周りの方と

お互い支え合いながらいただくのが

よかったです💖

 

たまたま座った席が端っこだったので

いっぱい写真を撮られ

複数のメディアの取材も受けちゃいました

 

インタビューに答えてるのも

ニュースで放映されてたようですが

丁度YouTubeに上がってるよと教えてもらったので

そちらを添付しますね!

 

この大茶盛式、年に3回あるそうですが

やはり年始が華やかでよいですね

来年も1月15日にあります

次は貴女もご一緒にいかがですか?

 

しぐさ美人 京都葵

西村里子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。