歌舞伎に夢中

南座へ行ってきました💕

 

今年はご縁あって

歌舞伎の観劇は4度目✨

回を重ねるごとに

たのしゅうて、たのしゅうて…

。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

 

今回は顔見世の夜の部

義経千本桜

面かぶり

弁天娘女男白波

三社祭

 

いつものように

イヤホンガイドを借りたんですが

今回は前もって

ちょっと予習をしときました🎶

「歌舞伎の解剖図鑑」

図鑑とある様に

挿絵がふんだんに盛り込まれてて

文章によるテーマ全体の解説

挿絵の横に細部の解説

また手書き文字の解説もあり

温かみがあって読みやすかったです

 

ここで役による

髪型・化粧・衣装・小物の違いや

役の上下関係による立ち位置の違い

 

役によっては

仮の姿、のちに現れる実際の姿を

演じ分けられることなども理解

 

そして観劇の前に

番付を購入して

解説を先に読んどきました

 

これまでは

ストーリーを追うのと

衣装などを楽しむくらいやったんですが

 

今回は

役者さんの表情や

衣装や大道具小道具の

意味や暗示なども分かってきて

 

もう舞台に目が釘付け!

瞬きするのも惜しいくらい

夢中で見てました(#^^#)

 

そして何よりも

今回は特に女形さんの

ふとしたしぐさや

立ち居振る舞いに

うっとり

 

例えば扇子であおぐ場面

扇子を持つ手は

親指を内側に

残りの4本指を外側に👀

 

そうそうこれこれ!

私はしぐさ美人のレッスンを受けるまでは

扇子を持つとき

親指を外にして持ってたんですよ

 

でもより手を美しく見せるには

そして袖の中に風を通すには

親指を内側にして

ゆったりあおぐといいんです

 

舞台上の愛之助さんの

(早瀬主水娘実は弁天小僧菊之助)

そのしぐさを見つけた時

わっ これこれ~✨って

一人 にやけてしまいました(#^^#)

 

もちろん他にもいっぱいあったのですが

女形さんは本当にすごいですよね

 

40代~60代或いはもっと上の

体格もそこそこしっかりしたはる

まあいえば「おっちゃん」が

 

舞台の上では

ほんま可愛らしい

奥さんやったり

娘さんやったり

 

秀太郎さんが演じはる

若奥さん💕

目が離せませんでした

 

昔、大女優の山田五十鈴さんが

女形さんの振る舞いを見るのは

とても勉強になると

言ってはったそうですが

 

研究に研究を重ねてこられた

技なんですね

 

10年ほど前に

歌舞伎を見に行ったときは

途中で寝そうになってましたが

今ではすっかり夢中です~💖💖

しぐさ美人 京都葵

西村里子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。