南座と着物

大規模な改修を終え

11月1日から再開する京都南座

去る25日に顔見世の招き上げがあり

 

今日は役者さんたちによるお練りがありました

京都で初めて行われたお練り

私も見に行きたかったのですが…😢

1.5万人の人出だったそうですね

 

所用で祇園へ行った母が

身動き取れず大変だったと言っておりました

はよーから行って場所取らんとあかんわ

なーんも見えへんかった と

 

人気役者さん勢揃いだから

無理ないですよね

さて、もうすぐ始まる顔見世

どんな着物を着ていったらいいでしょう?と

質問が届きました

 

「先生相談です。南座の初日、

どれくらいの着物がいいでしょうか?

〇〇座には小紋で行くことが多いのですが、

久しぶりの開場の初日だから、

場を華やかにして

お祝いの気持ちを表したいのですよねー」

 

南座の顔見世、私も楽しみです🎶

さて、どれくらいの着物がいいのか…

貴女にも参考にしていただけるといいなと思い

ブログに思うところを書きますね

 

基本、私は着て嬉しい着物💕

わくわくする着物がいいと思います。

ただ、今回は歌舞伎観劇、

つまり自身が主役となる場ではないので

言うまでもなく

華やかすぎる色や柄は避けますね。

 

私は12月後半で行く予定をしており

どの着物にしようかを着ていこうか

楽しみながら考えてます(^^♪

 

候補となってるのはどれも

淡い~パステル系のピンク・水色・グリーン

私自身の好みとして

無地に近い飛び柄の小紋や

おとなしめの柄の付け下げを

いくつか持っています

そのあたりを着ると思います

 

無地や江戸小紋もありますが

派手すぎる、あるいは渋めと両極端(^^;)

渋い着物は無難ですが

あまりわくわくしません

 

お祝いの気持ちもかねたいので

やはり優しく明るい色

といったところでしょうか

 

好みは人それぞれなので

上記はあくまで《私》がわくわくするもの

自身が主役となるような

華やか(過ぎる)着物を避けさえすれば

着ていて嬉しいものを選ばれては

いかがでしょうか(^^♪

 

演目や役者さんにちなんだものを

取り入れられるとまた楽しいのでしょうが

歌舞伎初心者の私には

まだまだ先の話になりそうです

しぐさ美人 京都葵

西村里子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。