ただ持てばいい という訳ではないのです

傘、ちゃんと持ててる?

 

チェックが入っちゃいました

和傘を持つとき

柄の先は

手のひらの中に納めます

 

指摘された時

傘の柄は

手からはみ出ることはありませんでしたが

本来あるべき位置より2㎝ほど下に

ずれていたのです(^^;)

 

わお!チェック厳しい~

なんでバレたんだろう?

 

実はこの時、

他の講師の前で

傘を持って歩く

しぐさビューティーウォークの

デモンストレーションしている最中だったのです

 

で、遠くから見ておられてた先生が

何で分かったのかというと…

傘と頭の間の空間が狭かったって (゚д゚)!

 

「傘の柄は手のひらの中に入れる」

 

これは単に持ち方が きれい✨

と、いうだけでなく

頭の上にほど良い空間を作り

その上に傘がある

バランスが良くなる持ち方なのですね!

 

また肩甲骨を使って持つことにより

傘の重みを感じなかったり

後ろで見えない帯の部分も安心だったり

余計な力を使わず

余計な動きをしないで

美しく使いこなす

 

和傘は普段使うことはありませんが

洋傘を持った時にも応用できる

ポイントがいくつもあるのです

 

 

雨の日をも楽しめる🎶

嬉しいレッスンしております

 

しぐさ美人 京都葵

西村里子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。