振り袖着付け特訓中

大阪より、「しぐさ美人和泉なでしこ」の

武内貴子先生がお越しくださいました。

 

前半は、おしゃべりと

カルトナージュ作品の打ち合わせ。

 

以前私がブログにアップしていた

カルトナージュの作品の写真をご覧になり、

気になってらしたとか。

ティッシュボックスとマカロンメジャーそれぞれ2つ

好きな生地を選んで、注文下さいました。

また出来上がればブログでご紹介しますね。

 

そして、もう一つの大切な用事。

それは振り袖の着付け特訓!

 

2年前に振り袖着付けをしたのですが、

より美しく、手際よく着付けたいので

一度ポイントチェックしてもらおうと

レッスンをお願いしたんです。

 

私は以前大手着付け教室に通っており、

振り袖着付けを習いました。

その時の帯結びは改良枕、普通の枕を使った

2通りの「ふくらすずめ」を習ったんです。

 

で、私がその昔振袖を着ていたころも

帯結びはふくらすずめが主流だったので、

私の中では振り袖=ふくらすずめ。

最近の変わり結びは帯を傷めそうで嫌だわと思ってたんです。

2年前、そして今年のお正月も

ふくらすずめを結びました。

 

しかし…

改良枕? 普通の枕で大丈夫だから~ (^^)/

ふくらすずめ?

今はもう ふくらすずめはまずしないわね

 - ええっΣ(゚д゚lll)

せっかくなんだから

今どきの可愛い結び方にしてあげたら?

- 今から覚えられるかしら (^^;)

 

そんな不安をゆっくり感じる間もなく

猛スピードで…

(いえちょっと速い程度なんだと思いますが、

普段ゆっくりの私には猛スピードに感じます)

補正の仕方のチェックが始まりました。

 

補正、長襦袢、振り袖。

気を付けるポイント、

クリップ使いや紐使いは

目からうろこの小技オンパレード

初めて習う帯の結び方。

 

そして何より、

主役は振り袖を着る人であること

常に苦しくないかなどの気配りを。

 

そう、きれいに着せることに夢中になって、

着る人のことを忘れてしまいがちなんですよね。

振り袖着せられるモデルさんは案外しんどいのだから、

帯結びは和装ボディーで練習すべし!

 

帯結びまで終わったら最後のチェック。

 

実は、最後のチェックしてあげてと言われ、

どこをどうチェックすればよいか分からなかったのですが、

帯の羽の位置・ヒダ・衿…

以前はそこまできっちり習ってなかったので

ポイントレッスンお願いしてよかったです💕

(いえいえ、ポイントどころではなかったですね)

 

あ、教えてもらって一番びっくりした事!

絞りの帯揚げに「向き」があるということ。

絞りが上向きになるように。

下向きにはならないように気を付けてあげてくださいよー

と言われたことでした。

 

貴子先生、今日は本当にありがとうございました。

成人式まであと4日。

頑張ります💪

 

しぐさ美人 京都葵

西村里子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。