ニューイヤー祝祭コンサート

今日はお誘いを受け、ザ・シンフォニーホールで行われた

ニューイヤー祝祭コンサートへ行ってきました。

 

曲目は歌劇「蝶々夫人」「カルメン」「魔笛」等から

よく知られている曲を。

他にもバレエあり、クラリネットあり、

ピアノあり、バイオリンもあって

飽きさせず多彩でした。

 

中でもコロラトゥーラ・ソプラノ、プラメナ・ジルジノヴァさんの

魔笛第2幕の夜の女王のアリア

「復讐のこころは地獄のようにわが胸に燃え」

超高音のパートも声が美しく安心して聞け

コロコロと転がるように響き渡る声は

とても素晴らしかったです。

 

そしてもう一つ私を引き付けたもの。

それはバレリーナの佐藤智美さん

元スコティッシュバレエ団プリマバレリーナだたとか。

体の軸がぶれることなく

まっすぐに通っているため、

回転しても左右に移動しても、

そして男性にリフトしてもらっても

無駄な動きがなく本当にきれいでした。

 

群舞のときはそれが一層際立っていましたね

もちろん周りで踊っておられた方々も美しいのですが、

佐藤さんは無駄な軸が美しいので

無駄な動きがないので、

踊りに切れがあり、

ゆとりが生まれるので

手など上半身での表現は優しく優雅に振る舞える

いかに軸が大切かということを

改めて感じました。

 

それまで背もたれにもたれてみていたのですが、

改めて座り直して軸を整えた私でした(^^;)

 

美しいものを見聞きできて

とても嬉しい一日でした

感謝!

しぐさ美人 京都葵

西村里子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。