万年筆

中学の入学祝に叔母からいただいた名前入りの万年筆

お気に入りで今でも使っています

 

お礼状を書くときはもちろん、

友人へ手紙を書いたり、

お土産に添えるメモ書きでも

必ずこの万年筆を使います

 

 

 

 

 

 

ちょっと改まった感じ

感謝の気持ちや

嬉しい気持ち

大切な想いをのせて

心を込めて書いています

 

そして手紙を書くときはたいてい

下書きもするんです

これは癖でしょうね

 

あまりごてごてとした飾り言葉を並べたてず、

イメージにぴったりな言葉を探しながら

言葉を選び…なんていうとかっこいいですが、

語彙が少ないというべきでしょうか(^^;

 

書くスペースに対する

文章量や文字の大きさなどを考え

結語がはがきの最後にくるように

宛名が便箋の左端にくるように

 

葉書きならそれほど時間はかかりませんが、

便箋に書こうと思うとそれなりの時間を使います。

相手の顔を思い浮かべながら

その人の為だけに使う贅沢な時間

 

もしあなたが

私からの手紙や葉書きを受け取られたら、

 

もしかしたらひかえめで、

シンプルな内容かもしれませんが、

心を込めて書いているということ

思い出してもらえると嬉しいです(^_-)-☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。