見えるんです (*’~’*)

今日は、ドイツから来られるお客様の為にお土産を買ったり、

お連れする場所をいくつか下見してきました。

京都の街は今日も観光客でいっぱいです。

 

ここ1~2年、レンタル着物店が急激に増え、

街の中は年中着物姿の観光客が見受けられます。

特に今日は琵琶湖花火大会ということもあって、

夕方からは滋賀県へ向かわれる着物姿の方も多々見受けました。

 

さて、街での着物姿・浴衣姿の方々を眺めていて、

改めて、着物は動きがはっきり見えてしまうなと感じました。

 

きものを着ると上半身・腰回りは着物が体にぴったりと添っています。

ですから体の動きがそのまま見えてしまいます。

美しい動きもそうでない動きもです。

 

腕はどうでしょう?

手首まで袖がありますね

隠れてるから見えない?

 

いえいえ、「振り」がついてますから、

腕を動かすと「振り」が揺れ、

揺れによって動きが強調される場合があります。

美しい動きはよりなめらかに、

そうでない動きは…言わずもがな

 

さらに、美しい腕の動かし方をご存じなければ、

袖は腕に添ってはくれず、

するりとすべって にょき~っと腕が現れます

きゃっ(。>﹏<。) これは恥ずかしい

 

では足は大丈夫?

足首まで隠れていますが…

やっぱりこちらも動きによっては

裾がバサバサと音をたてたり 翻ったり…(◞‸ლ)

 

洋服だとそのデザイン性で体を隠したり

身体の動きまで隠してしまうこともありますが、

和装は形状がシンプルであるがゆえに

その方の立ち居振る舞いがそのまま見えてしまうのです

 

今までなかった和装での振る舞いの為のレッスン
優雅な動き、気品あるしぐさ
美しくなるためのお手伝いいたします
貴女の輝きが私の喜びです

 

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました( ´・◡・`♥)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。