いったん止まる

運転免許の更新に行ってきました。

ペーパードライバーの私も

運転者講習は受けないといけません。

講習の話の中、

「いったん止まりましょう」というのがありました。

 

『電話がかかってきた。

メールが入ってきた。

ナビで場所を確認したい。

 

そんな時は運転しながらではそちらに気が取られ、

周りに十分な注意を払えないので

一旦止まって操作しましょう、

いったん止まることにより、心にも余裕が出てきます』

そんな話でした。

 

これはどんなことにも当てはまりますよね。

二つのことを同時進行させると注意力が分散されるし

丁寧にも見えません。

 

例えばご挨拶するとき。

話しながら何度も頭を下げる方がいらっしゃいますが、

なんだか落ち着きませんし、

私の方を見ることなくお辞儀をされても…

しっかり相手の方を見ながら挨拶の言葉を述べ、

よろしく…「お願いいたします」…くらいで頭を下げるほうが、

私のことを認め、丁寧に扱われているようにも感じます。

 

また、話や振る舞いも

止まることなく延々と続くより、

所々で程よい間があった方が美しいです。

「間」、ほんの一瞬止まること

それによってリズムが生まれます。

 

呼吸を意識しながらの動作、

息を吐きながら動き、

吸う一瞬止まる、

呼吸のリズムで振る舞えると美しいといわれます

 

忙しく動いて心を亡くさないためにも

一瞬止まって

心に余裕を持てるよう心掛けたいものです

 

 

きものと石段

昨日、長岡京であったコンサートへ行った後、長岡天満宮へお詣りに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑がとても美しい。

日陰に入れば、だいぶ涼しい時間帯。

緑に囲まれると安らぎます。

 

ところで本殿へ向かうには階段が…

しばらく続く石段でしたが、

着物でも上がりやすかったです。

 

神社や古い駅などで階段を上がり降りするときに、

一段の高さが低くてめんどくさく、

一段飛ばしで上がった経験ありませんか?

 

一段一段が何でこんなに低いのだろうって

思ったことはありませんか?

古い階段、昔に作られたというのがヒントです!(^^)!

 

日常着がきものだったころに作られた階段、

着物を着ていて、足の上げ下ろしにちょうどいい高さなんだそうです。

着物を着ていると歩幅が狭くなりますよね。

上げ下げもそんなにはできません。

 

洋服を日常着とするようになり、

身体の自由が大幅に変わり

脚の可動範囲も広がりました。

それに伴い、階段の段の高さも高くなったようです。

 

着物を着てビルの中や新しい駅の階段を上がる時、

着物の裾から足が出てしまいます💦

 

天満宮の石段は着物で上がるには歩幅も高さも

ちょうど良い具合💛

登りながら以前聞いた話を思い出しましたので

ご紹介してみました。

あなたのお悩みは何ですか?

きものでお出かけされるあなた、

お悩みは何ですか?

 

着物を自分で着られるようになり、

着物でのお出かけが楽しくて仕方がない。

初めのうちはコーディネートが楽しくて、

着物と帯、小物類、

あれこれ組み合せてみては

これでいい? 変じゃない?

この着物にこの帯合わせて大丈夫?

色、柄、季節、格、素材など

組み合わせにあれこれ頭を悩ませますよね。

 

でもそれが楽しくって、

次はこちらの組み合わせをしてみよう、

こちらの小物を使うのもいいかも

わくわくが止まりませんでした。

以前は、とにかくコーディネートしたものを

身に付けて出かけることが目的でしたから、

それで十分満足だったんです(^^♪

 

でもだんだん着慣れてくると、

今度は素敵にコーディネートした

きものや帯などではなくて、

それを身にまとった私自身が

美しくありたいと思うようになりました。

 

そんな時に出会った【SBMしぐさ美人メソッド】✨

 

ではここで、

しぐさ美人メソッドを始めて良かったこと

ベスト3の発表です!

 

第三位は…
背中の贅肉が落ちて、スッキリした事☆.。.:*・゜

 

5年ほど前に気づいた背中の贅肉、

これは取れないだろうなと諦めていたのですが、

しぐさ美人のレッスンで肩甲骨をしっかり動かしているうちに、

いつの間にかスッキリしていました(^^)/

 

第二位は…
首が伸びたこと٩( ´◡` )۶

 

私は顔が丸く、

しかも秋から冬にかけて体重の増加と共に

ほっぺからあごへのラインがとってもふくよかに(^^;)

すらりとした面長の人の方が

着物が似合うように思えて羨ましかったんです。

 

でも今はきものからすーっと首が伸びて

その上に顔があるので丸顔が気にならなくなったんです!

 

えっ、首って伸びるんですか~?

 

正確に言うと、首が伸びたのではなく、

肩が下がったんです❣

 

緊張したり体の癖で、肩まわりに力が入りやすく、

肩こりが酷かったんです。

また重い荷物も平気で持って歩いていたんですが、

実は肩にかなりの負担が💦

 

これも肩甲骨を意識して動かす、

荷物を持つのも肩ではなく肩甲骨で…

肩甲骨を意識しだすとどんどん肩が下がってきました。

そして、肩が下がると

縮こまっていた首がすーっと現れました♡

 

さて、しぐさ美人メソッドを始めて良かったこと

第一位は…
✨着物で外出しても疲れなくなったこと✨

 

(あ、もちろん人混みが苦手な私ですから、

街中へ出かけるとそれなりに疲れはしますよ。

ここで言う「疲れない」とは、

きものだからとか洋服以上には疲れないという意味です~)

 

とりあえずきものを着て出かけたい!と思っていたころは、

それだけで嬉しくって、振る舞いなどは気になりませんでした。

でもだんだん周りの人の視線を感じるようになり、

着物はやはりいいね、着物姿がきれいねと思われたいと意識し始め、

そうなると気が張り、姿勢よくしなきゃと体にも力がはいって

家に帰り着いた頃にはくたくたに。

 

【しぐさ美人メソッド】の中で特に私が感動したのは

体の力を抜くレッスンでした。

緊張したり、一所懸命頑張ったり、力をいれることばかりです。

力を抜くことを努力する!

目から鱗…でした。

そしてまた、何よりも手こずったのでした。

 

今はようやく力を入れるべき箇所、抜くべき箇所が分かるようになり、

上半身は力まず柔らかい動きができるようになったと思います。

そして肩まわりの筋肉にも力を入れないから

そんなに疲れることもなくなってきました。

 

朝から着物で遠出して夜に帰ってきたり、

東京へ二泊三日で行った時もずっと着物で過ごしておりましたよ。

 

 

【しぐさ美人メソッド】ではほかにもいいことがたくさんあります。

 

貴女のお悩みは何ですか?

プライベートレッスンですからあなたの悩みに合ったレッスンを

じっくり時間をかけて行うことができます。

あなたの悩みを解決し、より美しい着物姿に、

より優雅で気品ある振る舞いができるよう

お手伝いできると嬉しいです♡

 

視線の先は…

貴女は歩いている時、どこを見ていますか?

忙しいあなた、もしかしたら次の段取りを考えながら

うつむき加減に歩いてはいませんか?

 

下を見て歩いていると、

姿勢が良いあなたでも

気が付けばだんだん前かがみに(^^;)

 

悩みながら歩いていたら

眉間にシワもよってきて

表情も硬くなり

なんだか怖い顔になっているかも

 

そう、以前の私がそうでした💦

ちょっと声かけづらかったと

言われたことがあります

(>_<) 猛省

 

顔を上げ、視線を遠くに持っていきましょう!

遠くで待ってくれているだろう

貴女のいとおしい人のことを想いながら歩きましょう

そうすれば顔も晴れやかに、

背筋も伸びて、

いつもの輝きが戻ってくるはず

 

着物を着ているならなおさら✨

道行く人が振り返るような

輝きが得られることと思いますよ

 

葵祭へ

今日は京都3大祭りのひとつ、葵祭へ行ってきました。

 

青空広がるとてもいい天気。予報では最高気温27度でしたが、

湿度が低く風もややあり、日陰に入ればわりと過ごしやすい日でした。

御所は観光客ですごい人混み。

私たちは御所を出てすぐ東の裁判所前で待機。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は19歳の可愛らしい斎王代さんでした。

 

番外編

下の写真のこの方。なんと、白いパンツに乗馬ブーツ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は葵祭の先頭を行かれるこのお方は

京都府警・平安騎馬隊の警察官なのです。

写真には写ってませんがお二人で誘導しておられました。

祭の雰囲気に溶け込むような、そしていざという時には素早く動けるように?

衣装を考えられているのですね。

 

ランチの後、ゆっくり御所を散策してきましたよ(^^♪